ナルトとオレオのしあわせ探し

時に行き場のないワンちゃんの一時預かりボランティアをしながら、ナルトとオレオが小さなしあわせ探し。キャバリアとチワワが「あなたの心の隙間お埋めします。」

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
昨日はたくさんのコメント有難うございました。
それについて色々思うことは、また一番下のmore...以降に書く事にして...




まずは、フツーのなんてことない話から。



いやいや、母は、めちゃめちゃ涙もろい体質なんですが。



最近年をとったからですかね



po08_0222 (33)0000



さらに涙もろくなったよーに思います。



とゆーのも、先日、
幼稚園の絵本室で、母が小学生の頃に国語の教科書に載っていた、
「かわいそうなぞう」というお話を見つけまして
po08_0222 (21)
あー懐かしい!って思って借りてきたんですが



実はこのお話、小学生当時から母の涙腺にくるお話でして、
宿題に本読みが出るたび、泣きながら読んでたのを覚えています。



ちなみに、みなさんは「かわいそうなぞう」のお話って知ってますか?
戦争中、上野動物園で三頭のゾウが殺されました。これは本当にあった悲しいお話です。
戦争と言う今では想像もつかない恐ろしい時代に生きていた人達が、親、そして子供達を亡くしていくなかで、動物達も無念に殺されなければならなかったという残酷なそしてとても心打たれる物語です。




でも、きっともう大丈夫だろうと思って、
子供達に「かあちゃんが、この本読んであげるよ」なんて、ふたりに読んであげたら...



ぞうを殺す事が決まり、エサをやらない日が続きました。

トンキーもワンリーもやせ細って、だんだん元気がなくなりました。

でも飼育係のおじさんが来るたびに、ぐったりとした体で立ち上がり

体中の力をふりしぼって、芸当をして見せるのです。

「えさをください」「食べ物をください」と...




と、このくだりに来たら、もう母ダメです。



po08_0222 (46)0000



目から放水開始!涙でにじんで文字が見えないよ。



そんな母がですね、
つい先日、「犬と私の10の約束」ってゆー感動系映画の予告編を、
ショッピングセンターの大画面で見ちゃったんですよ。



po08_0222 (23)0000



短編詩@犬の10戒を元にした映画とゆーのは知ってたんですが、
あの映画の事はよく知らなくってですね。
なにげにボケーと眺めてたら...



田中麗奈ちゃんが、倒れたソックス(ワンちゃん)に
「私、ソックスに話たい事がもっといぱいあるのー」って泣くシーンで



po08_0222 (46)0000



母、撃沈!



絶対3月になったら見に行こうと、心に決めた母なのでした。
ちなみに、母が号泣した予告編は→「コチラ」の「予告編」ボタンを押すと見られます。


ぽっぽちゃん(ポメmix 1歳 ♀)里親募集中。詳しくは→「ドッグサルベーション

ブログランキングに参加しています。
押していただけると、頑張れるかも♪
↓  ↓
banner_02.gif
※上のバナーをクリックできないアナタは、コチラからどーぞ!
↓  ↓
人気blogランキングへ

【ココからは昨日の記事について】


そーなの。
そーなの。



今回の記事はかなり勇気がいりました。(←マジで)


po08_0222 (40)0000



でもなー、ホントにそう思ってたんですよね。
でも書いたら、迷惑がられるだろーなーって分ってたんですよね。



だけど「愛護団体さんって、意外と敷居が高い」とか「里親を希望する側にもそれなりの真剣な思いがあるのに」って事とかって、みなさん思ってることじゃないですか。
それが上手く団体さんに伝わってくれたら、もっとみんなに親しみを持ってもらえる団体さんになれるのに~って思って書いたんだけど



なかなか難しいです。



po08_0222 (32)0000




だって「善意vs善意」じゃないですか。
どちらも良かれと思ってやってる事だけに、どーにもこーにもアレですよ。(←明言を避けた)



po080221 (12)0000



わかるんです。
団体さんの気持ちも。(←どこの団体ってわけじゃないですよ。全般的に)
信念を持ってやってらっしゃるだけに、それもボランティアでやってるだけに、
他人にクチを挟まれたくないって気持ちも。



だけど...



もうちょっと人の気持ちを大切にとゆーか...ですね。



もっと思いを汲み取って欲しいってゆーか...



条件も大事だけど、もっと人間性見てよ!とか...



断り方にも色々あるんじゃねーのとか...色々思うわけ。



それによって、今後にもつながってくると思うんですよ。

やはり切り捨てるように断られたら、「もう2度と関わるかーっ!こんな団体!」って思うだろうし、
すごく熱心に話を聞いてくれたり、十分説明してもらった上で断られたら
「断られたけど、いい団体さんだったから、寄付させてもらおう」って思うじゃないですか。
人間ってそーゆーモンでしょ。
そこら辺をもっとわかってくれないかなって思います。



po08_0222 (38)0000



それに、やはり



寄付やホストファミリーを募集するとなれば、一般の方の力も必要なワケで



そうなると



やはりたくさんの方の理解が得られたほうが、得なワケで。



批判されたと腹を立てるよりは、こーゆー意見を大切にしていくもの大切なんじゃないのと。



私がどうこう言える立場でない事はじゅうじゅうに承知なんですが、そう思います。



po08_0222 (26)0000



今回のコメントの中にはたくさんの貴重な意見があったと思うんです。



「クレームは宝だ」て考える企業も多いって言うじゃないですか。
(別に今回の事はクレームじゃないんですけどね)



貴重な意見として、前向きに受け入れていってもらえたら



きっと多くの方に理解を得られる、もっと素敵な団体さんになれるのになーって。



そしたら、きっと寄付なども集まりやすくなるだろうし
その寄付で、もっと多くのワンちゃんたちをしあわせにしてあげられるだろうし。
いい事、いっぱいあるんじゃないかなーなんて思う、今日この頃です。(←またやんわり締めた)



po08_0222 (30)0000



ぽっぽちゃん(ポメmix 1歳 ♀)里親募集中。詳しくは→「ドッグサルベーション

ブログランキングに参加しています。
押していただけると、頑張れるかも♪
↓  ↓
banner_02.gif
※上のバナーをクリックできないアナタは、コチラからどーぞ!
↓  ↓
人気blogランキングへ



スポンサーサイト

そっすね。
いろいろな意見があると思うし、考え方も違うけど、折り合いって必要だし。
門戸は広いほうがいいと思うんです。
だからこそ、理解を求めるためにも説明会とか相談会してほしいな。
より団体への理解も深まるし・・・

これを読んでる団体関係の方がいらしたら、是非お考え下さいませ。
よろしくお願いいたします。

2008.02.22 12:36 URL | はとぽ #I/FCzvc. [ 編集 ]

きっと私も撃沈。。。
子供の頃から涙腺が弱い私
ハイジがおばさんに連れて行かれるときの列車でのシーン。。。
マルコの苦難。。。ネロとパトラッシュ。。。

先日も【マリと仔犬の物語】見たいと思いつつも映画館で見る勇気がなく。。
自宅でDVDを見ようと思っている。。

自宅だと気兼ねなく入り込めるしね

2008.02.22 12:39 URL | まきちゃき #- [ 編集 ]

なちゅまるさん、オススメは猫の10戒ですよぜひ

2008.02.22 12:42 URL | ゆり #- [ 編集 ]

「犬と私の10の約束」の予告編、私も泣きそうになった口です(汗)
久しぶりに邦画も見に行こうかな?て思っちゃいました。

昨日のコメント、いろんな意見がありましたよね。
団体さんにも色々考えるところもあるんだろうし労力的な問題もあるんでしょうけども、そういった意見を少し気にかけて汲み取っていってもらえれば、ワンコ達にとっても、より良い環境が作っていけるのかも知れませんね。

2008.02.22 12:46 URL | もじゃお #Y2n9T2rA [ 編集 ]

私は娘の「犬と私の10の約束」の本を読みましたが、最後ソックスが死んでしまう場面はお恥ずかしながら嗚咽をもらしながら読みました。子供はいつもと違う母に引き気味でした・・・。
昨日の件はみなさんのコメントを読み、団体さんの活動に直接かかわっていない自分が分かったようなコメントをしてしまったことも反省しました。
でも里親でだめだった人が結局ブリーダーやショップでワン迎えることは結局ブリーダーの需要を増やしてしまっていて、悪徳ブリーダーがかえって増えてしまうのでは?と。支離滅裂だと思うのです・・・。
なので人手と時間が足りないのは重々承知ですが、少し考慮いただけたらな。と思います。
ここでコメントしている方はワンのことを真剣に考えている人ばかりですよね。
問題なのはこんな話が熱く議論されていることすら知らない人達ですよね。
もっと広く伝わればいいのに・・・・

ぽっぽちゃんの肉球遠目でみたらよつばのクローバーに見えるのは私だけ?
クローバーが足裏にあるぽっぽちゃん。。きっときっと幸せがすぐ近くに待っているはず!

2008.02.22 12:57 URL | ココかあちゃん #- [ 編集 ]

ナルトちゃんに1票です。
って、なちゅまるさんありがとう。
・・・・って思っておられる方が大勢おられますよ!

あっ、”ゆり”さんの  猫の十階、いえ、十戒は私もお勧め。
思わず声まで出ました。

むつかしい問題だぁ(ナルトちゃん風に)

2008.02.22 13:34 URL | 花豆のおかん #- [ 編集 ]

今回のことで。。。。

そうかぁ やっぱり難しいんだなって
考えさせられました

あたしも 実は ぽっぽちゃん
うちに受け入れたいって思って
いました。。。

でも うちは もう3匹いてます
わたし専業主婦ですが病気もあります
息子もいますが高校生なので

いっぱい考えました。。。4匹になったら
やっていけるのか?
4匹になっても自分は大丈夫ですが
お金が。。。それに お散歩毎日行けるかな?
とか。。。。

いっぱいいっぱい考えて。。。諦めました
だから ここで ぽっぽちゃんの幸せを喜ぼうと

ぽっぽちゃんの里親さんに希望される方
多いのに。。。断られるんですね。。
いやぁ~~正直ショックです。。。

いっぱい考えた結果 受け入れようと決意して
条件に合わないから却下では。。。

あたしもなちゃまるさんの意見に賛成です
もっと こうなんていうか 人間同士
お互い善意なんだからこそお互いの気持ちを
話し合って納得した結果になってほしいですね

どのワンコにもみんな幸せが。。。。
そう願わずにいられません。。。

2008.02.22 13:44 URL | みるき〜まま #- [ 編集 ]

ドッグサルベーションさんからワンちゃんをお預かりしている者です。
ぽっぽちゃん、今回は残念でしたね。

里親条件・・厳しいのかもしれません。
でも、一時預かりと言えども、私たちは家族同様に愛情を注いでいます。そのコがどんな家庭に引き取られるか心配しないわけはありません。それ故、ぽっぽちゃんの預かりさんも「素敵なご家庭なのに・・」と残念に思われたのでしょう。でも私はドッグサルベーションさんが厳しい条件の中で見つけられたご家庭なら安心して送り出せると思っています。

同じホストファミリーとして、一日も早くぽっぽちゃんに本当の家族が見つかることを祈っています。

2008.02.22 13:45 URL | f. #- [ 編集 ]

あ、まずいです。
「犬と私の10の約束」の予告編HPを開いただけで、もう涙が・・・(;´Д⊂)
いや、これは涙じゃない・・・鼻水だ・・・そう汗。目から鼻水と汗が・・・
「かわいそうなぞう」もダメです。「ごんぎつね」も号泣、いや、号汗です。
動物が絡むお話全般は、悲しいお話はもちろん感動話でも、いつもより涙腺が緩んじゃいますよね。
子供さんの方が、冷静なんですね~。(´∇`;)
映画館で号汗覚悟で、「犬と私の10の約束」見に行きたいです!


昨日のテーマは、色々な方のご意見を拝見させて頂いて、私自身とても勉強になりました。
なちゅまるママさん、勇気を持って問題定義して頂いて、ありがとうございました。
これを機会に、団体さんも私達愛犬家も、お互いの善意を受け入れて
柔軟な対応が出来るように、共に成長していきたいですね。
なちゅまるママさんのご意見は、重ね重ね、同感ばかりで・・・
何ていいますかこの~。
一般的に愛護団体さんに多いちょっと偏りがちな思想と言いますか
一般的な世間の感覚からあまりズレない事の大切さ・・・と言いますか。
可哀想な犬猫を救うためには、増やさないためには
我が道を貫くだけではなくて、どうやって世間と関わっていくか、なども
考えないと行けない時期に、動物保護団体は来ているのではないかな~?
なんて、おこがましいとは存じますが思います。
多くの方の支えがあって活動できる部分も大きいわけですしね。


実際に保護団体側にも里親側にも詐欺が存在しますから
その見極めもまた、とっても難しいですね。(´-ω-`)

2008.02.22 14:14 URL | はふぃとと #JalddpaA [ 編集 ]

かあちゃん、皆さん、お疲れさまでした。
今回の「ブログ炎上」とても意義のあることだったと思います。
どんな事にでも、賛成意見、反対意見、絶対にあります。
こちらの立場、あちらの立場、立場が逆になれば思いも違います。

でも、ここで皆さんが自分の思いや経験を熱く真剣に語られたこと、
それぞれ違う意見も聞いてみて「な~るほど、そんな事情もあるのね」
って思ったこと、知らなかったこと、あったと思います。
ここで意見を出し合った方々は、本当に犬が好きな人達ばっかりです。

愛護団体さんのお気持ち、立場、理解したいと思います。
(私もお預かりのはしくれ、少しはわかってるつもり、です)
でも、フツウの犬好きの人達の善意ももっと受け止めてあげてほしいです。
愛護団体さんから犬ねこを、という思いを持って下さる人、むちゃくちゃ有難いです!、まずはそこから、です。
そんな善意と団体さんの善意がもっと歩み寄れば、もっとたくさんのワン達が救えるはず。

渡す立場、引き取る立場、お互いに相手の苦労や気持ちを少しでも
分かり合えるようになったらいいな!そう思います。願います。
そこからまた何か前進すると思うのです。
これからも、このような意見を出し合う機会を作っていただきたいです。
かあちゃん、とても意味のある勇気をありがとうございました^^

2008.02.22 14:19 URL | プチ #- [ 編集 ]

今回の話をブログに書かれたのは、本当に勇気が居ることだったと思います。預かりをしているんですから、まったく関係ないわけじゃないですか?
皆さんのコメントを読ませていただきました。うんうん。そうそう。そっか~と、目からウロコ状態のお言葉も有りました。
結果が同じでも、言葉ひとつ、態度ひとつで、まったく受け止め方は違うと思います。相手の立場に立って考えて見ることも大切です。これはこの話だけじゃなくて、企業でもそう。普段の何気ない言葉でもそうですね。
余談ですが、我が家にはとても仲が悪い(苦笑)娘二人が良く喧嘩をしてます。そのたびに「逆の立場だったらどう思う?」と怒ってます^^;
なちゅまるさん宅のお子さん達が仲良くてうらやましいです~

2008.02.22 14:19 URL | Tobi #me3Qc0Q. [ 編集 ]

炎上の後での、放水とは、さすがですねなちゅまるサンたら、心憎い配慮ですな私も、超・涙もろい派ですから思わず、鎮火・消火されちゃいましたョ
モチロン、その昔々に、かわいそうなゾウ、で当時も号泣してましたし、今回のブログを見ただけでも、又も、ウルウル
どなたかが、コメント、されておられた、「ゴンきつね」、も、モチロンな事、「フランダ-スの犬」もあと、個人的にお薦めは、「ス-ホ-の白い馬」です洪水まちがいなし
年令と共に、涙もろくなる、って、私も、ソウ思います最近ここ数年は、甲子園の、高校野球を、TVで、見てるだけで、負けたチ-ムが、可愛相に、なり、涙涙です全く、知らない地域の、代表校なのに。子供には、変な人って、笑われてばかりです

2008.02.22 15:12 URL | まも母 #- [ 編集 ]

私は動物が主役の感動したり悲しい映画は見ないようにしています。だって大洪水になるんだもーん(泣)
前はそうでもなかったような気がするのですがペットを飼ってからそういう悲しい映画はダメですね。人間主役の感動するものだったら笑ってみれますけど…。

幸せになってほしいってみんな思っているのに人間ってなかなか難しいもの。すれ違いは仕方ないのかなと思います。どちらの気持ちもわかるだけに切ないです。

2008.02.22 15:35 URL | myumyu #- [ 編集 ]

あー、きっとこの映画もやばいっすよねー(TT)

‘マリと子犬’もかなりキマシテ、隣の長女に気づかれたら嫌だナァ・・とチラッとみたら娘は号泣してました--;)))

ペットショップなり生体を売るところは‘犬と私の10の約束’のDVDとかを見ることを義務付けすればいいんじゃないかしら??って思ってしまいます。

ちなみに、‘マリと子犬’にでてくる女の子はうちから近くに住んでるんですよ~^^

p.s なちゅまるさんやコメントした多くの愛犬家の率直な気持ちが、色々な団体さんに少しでも汲んでもらえるといいですね☆

2008.02.22 15:57 URL | ぷうママ #- [ 編集 ]

なちゅまるさんは、本当にバランスのとれた考え方をなさっていて、素晴らしいな、といつも思っています。
なちゅまるさんが書いておられること、そして皆さんが書かれたコメントを読ませていただき、共感したり、え~っ、なんやて!そんなことあったん!?なんて思ったりしました。
なちゅまるさんが炎上覚悟で書いてくださったおかげです。。
…人間同士って、本当に難しいですね。。。

 中年真っ只中の私は…ぞうさんのお話のくだり…やはりダメでした…。
仕事中(自営)にも関わらず、涙ぬぐっちゃいました。
猫さんの10戒もダメかも…。でも、やっぱり見てみよう。。

2008.02.22 16:08 URL | ぷーどる♀ #- [ 編集 ]

なちゅまるさんはじめまして。
いつも大変楽しく、ほほえましく、読ませていただいています。
ナルトちゃん、オレオちゃん、ぽっぽちゃんがとってもかわいいのはもちろんですが、おぼっちゃんたちもほんとうに素直な良い子で、わんちゃんたちにもとてもやさしくできるし、お友達も沢山居るし、理想的なご家庭ですね♪
更新されていると欠かさず読ませていただいています。

ぽっぽちゃんのこと、、、ですが、やはり私も読んでびっくりしたうちの1人です。
私はCAに住んでいますが、おそらくもっと規制は緩やかだと思いますよ。
今現在の状況を確認せずに申し上げるのもあれですが、、私の友達は2匹のシュナウザーをシェルターからアダプトして育てていますし(アパート暮らし、共働き)たしか引き取り時にそのシェルターの他の犬たちのえさ代名目ことでいくらかのお金を寄付しただけというように聞いています。別の友達はアラスカンマラミュートやサモエドを買っていますがいずれもシェルターとレスキューだと聞いています。(ちなみに後者はお子さんがいます)
動物愛護団体さんのことですが、私達では想像しえないような大変なご苦労があるでしょうし、できるだけいい環境を与えてあげたい、失敗のないように万全な体勢で引渡しをしたい、、、そういったお気持ちのもとに慎重に活動なさっているのであろうと想像致しますし、そのご尽力には大変頭がさがります。でも今回のお話を聞く限りではあまりにもその識別が“極端”な気がしますね。
私の知り合い(アメリカ)に動物愛護に熱心な方がいますが、あまりにも動物動物、、で、道路で犬や猫が倒れていたら間違いなく道をもどって助けるけど、人間だったら戻らないわ、、、とまで言いきった方がいてほんとうに驚いたのですが、動物かわいさあまりにそれを飼い育てていただく人間との付き合いを難しくしてしまっているというか、人間を信じる気持ちが薄れているように思えました。(もちろん日本の愛護団体の方がそうであると言っているわけではなく、あくまでも私個人におきている出来事としてのことです。)かわいいワンちゃんも猫ちゃんも飼い主さんが現れてくれなければ生きてはゆけないのです。みなさんのご意見にあったようにお試し期間を設けるなり、オプションを広げて沢山のかわいいワンちゃん、猫ちゃんが人間と共存して暮らしていけるように働きかけるオプションがあってもいいのではないかなぁと思いました。この先どんな素敵な家族と出会えるかわからないですものね。そしてワンちゃん、猫ちゃんが人間にどんなにいい思い出を作ってくれるか、どれほどの安らぎを与えてくれるか、計り知れないですものね。大きな1軒屋のお家にもらわれてもあいにく飼い主さんとの相性があわなくてだめになるお話もありますし(アメリカでは先日トークショーホストのエレンデジェネレスが1匹の子犬をアダプトしましたが、先人の猫ちゃんとの相性が全くあわなくて、このままではお互いにいい結果を生まないということで苦渋の選択で子犬を返還したところ、シェルターが契約違反だの訴えるだのと猛抗議に出るという騒ぎがありました。自分の番組でその訳を泣きながら釈明し、逆にシェルター側の融通がきかなすぎるという批判が多発するということもありましたが、その後この子犬はやっと新しいファミリーに出会えて幸せにしているという話です。)命にかかわることですから、十分な配慮は大切なことですが、それぞれのワンちゃん、猫ちゃんの個性もありますし、相性もあります。そちらにもう少し焦点があたるシステムができるといいですね。うちはもう13歳(ダックス)になりましたので、日々をゆっくり暮らしている感じです。。

私もついつい涙もろくなり、最近では某サイトさんでわんちゃんが必死にアジリティを頑張っている姿を動画で見ただけで号泣しました;笑;

*批判ではなく意見の1つとして読んで頂けたら幸いです。
 (問題があればお手数ながら削除ください。)

2008.02.22 16:19 URL | Lisa #- [ 編集 ]

「かわいそうなぞう」知ってます。
読んでて号泣するなちゅまるさんはまだいいです。
私なんかなちゅまるさんのブログを見ただけで泣いてしまいました。涙腺緩すぎ・・・(笑)
ちなみに「マリと・・・」の映画のCM「マリーッ!!」の一声だけで毎回泣いてた私でした。(T_T)
「十戒」の予告編あるんですね。見たらそれも泣いてしまいそう・・・1人でこっそり見たい映画ですね。(笑)

里親の件に関して、たくさんの方の意見が読めたのはとても良かったです。
保護側と里親希望側、双方の想いの擦れ違いが口惜しいですね。
これを機にいい方向へ進んでくれることを期待します。

2008.02.22 17:19 URL | ますみん #kuX..F9k [ 編集 ]

つーかこの記事中のぞうさんのくだりを読んだだけで
涙が出てしまいました。
昔はみんなが泣いててもひとりだけけろっとしてるような子だったんですが
最近涙腺のゆるさがやばいです。
ちょっと前のマリって犬が出てくる中越地震の映画のCM、あれも
だめでした。
てか化粧が滲むし外ではできれば涙流したくない!っす。

2008.02.22 18:06 URL | どきん #V7AZ2qgU [ 編集 ]

ぞうさんの絵本、僕も小さいころ読んで、目から滝が・・・。
あれで強烈に戦争はダメだって思いましたね。

「犬と私の10の約束」見たいけど、以前に「いぬのえいが」をうっかり男一人で見に行って、泣き顔を見られるのが恥ずかしくてしばらく出られなかった苦い記憶が(汗)

2008.02.22 18:51 URL | ひろやん。 #- [ 編集 ]

 はじめまして
なちゅまるさん、こんにちは
いつも楽しく読ませてもらってます。
 私も同じようなことがありました。
14年間飼っていたマルチーズが一昨年なくなりました。
一年後の昨年やっと悲しみが癒えてきたので、わんちゃんを
飼おうと、もう最後になると思いますが決心をしました。
 同じなら、ペットショップでなく、里親になり少しでも
お役にたてればとおもい、パソコンで見つけた3歳のシーズを
お願いしたところ、返ってきた返事は{夫婦ともが60歳にちかい
ので飼い犬が20年ほど生きるので我々は80歳近くになるので、
飼うのはダメ!}と断られました。その犬は長い間パソコンにのって
いましたが、どうすることもできず切ない思いでした。もう二度と里親
はしないでおこうと、とても嫌な思いをしました。


2008.02.22 20:26 URL | エミリイ #- [ 編集 ]

昨日の皆様の思い、愛護団体の方にも伝わるといいですね。
それと私も年とってから、超涙もろくなっています。
感動もの、動物でてたら必ず号泣しますね。。。
児童書で『たった一つの思い出』という本があります。
やはり捨て犬のお話なのですが、もう号泣です。(顔ぼろぼろ)
大人にも是非読んでほしい本です。

2008.02.22 20:49 URL | パピママ #- [ 編集 ]

私も涙腺ゆるゆるです。
かわいそうなゾウはテレビでもやってましたね。
酷い酷い!と言いながら涙がダーッでした。
犬と私の10の約束の予告編もクリックして見させてもらいました。
私もなちゅまるさんと同じ、田中麗奈ちゃんの
私、ソックスに話たい事がもっといぱいあるのーのシーンで
涙ダーッです!
ゾウも、ワンコもなんでもそうだけど
人間がどんな態度をとっても健気ですよね。
そう思っただけでまた涙がダーッ!

里親さんの条件って敷居が高いんですね。
希望される方がいるって事だけでもありがたい事なのにね。
ボランティア団体さんも、このような意見にもっと耳を傾けて
臨機応変に対応して欲しいものです。

2008.02.22 21:42 URL | Bikkyママ #sSHoJftA [ 編集 ]

なちゅまるさん、皆さんこんにちは~ヘ(゜∀゜*)

ぞうさんの話も、皆さんがコメしているマリと子犬の予告、犬と私の10~、などなど読んだり見たりしてますが、も~鼻汁(汚くて失礼!)ずるずるして涙ぽろ~は日常茶飯事で、南極物語とかも何度見ても嗚咽しながら号泣して見てます(笑)

昨日の日記での愛護団体さんの対応についてとても考えさせられました。
私は現在大阪で活動する以前の頃からドッグサルベーションさんとは「寄付・物資提供」のみですがお付き合いをさせて頂いております。

私は愛護団体さんのハードルは高いとは思っていますがそれは至極当然と思ってました。
すべては、その小さな命のために・・・。
人間の犠牲になった命が、二度と不幸な目にあわないように・・・。
里親希望で連絡くださる方は、このブログに来る様な真剣に動物の事を考えてくださる人ばかりではないですから。。。

私は動物の里親・預かりがしたかったので昨年一軒家を購入しました。
搬送の手伝いもできれば・・・と車も買いました。
(旦那と二人でのしがない給料で頑張ってみました(苦笑))
でも、共働きだしまだ里親や預かりができる状況ではないと自分では考えているので、「寄付」や「物資援助」で何年にも至ってます。
それもまた、その団体で救ってくれた命をサポートする大事な役目だと思ってやってます。

1つ心配なのは、こうした人気ブログでドッグサルベーションの事が取り上げられ、
団体叩きのような行為(いやがらせメール等)が起こらないかです。。
ネットはどんな人が見ているかわからないですし。。(>_<)

ん~なんかまとまりのないコメントで申し訳ないです(=Д=)

2008.02.22 22:06 URL | Hiro #4ARdecsc [ 編集 ]

「かわいそうなぞう」は私も号泣です。
なちゅまるさんの記事でちょこっと読んだだけでも
つらくて・・・鼻がツーーンと痛くなる感じがします。
フランスの作家さんの絵本で「捨て犬の話」だったかな?
そんなタイトルの本があるんですけど、
絵本とは言っても、全部モノトーンで文章は一切無し、
暗~い絵だけなんですが・・・これがたまらないんです。

1頭の犬が車の窓から投げ捨てられる・・・必死に車を追うけど当然追いつけない。
一生懸命、投げ捨てた飼い主を探して、同じような車を見かけて道路に飛び出したり。空腹でレストランのゴミをあさって追い払われたり。とにかくボロボロになりながら、彷徨う。トボトボと途方にくれて歩いている犬の前に、ひとりの少年が現れて、犬に手を差し伸べる。少年と犬は寄り添って歩いていく。

こんなストーリーを絵だけで表現しています。
心がギューっと痛くなるような本でした。

2008.02.22 22:53 URL | ciao #- [ 編集 ]

なちゅまるさん、「いぬのえいが」の中の、「ねぇ、マリモ」ご覧になったことありますか~
http://jp.youtube.com/watch?v=sbr68KGPB2Y

映画館に見に行った時もやばかったですが、家で見たときは周りの目がないだけにもう大変でした…

2008.02.22 23:31 URL | muku #- [ 編集 ]

はじめまして。
愛護活動をしてる方達は、全部がそうではないけど、動物の事が一番になりがちですよね。
そういう活動してるから当たり前なのかもしれないけど、里親になるのも預かりをするのも支援するのも人間です。
なので、人に対する対応も考えて欲しいと思います。

ただ、里親になりたいから敷居を下げろとかっていうのは違うんでは?って。
例えが悪いですが「買ってやるんだから安くしろ」と言ってるのと同じに聞こえます。

2008.02.22 23:53 URL | ビビ #- [ 編集 ]

私も涙腺弱いです。 犬の十戒をうっかり本屋で立ち読みし、号泣した人で、一度ならず…2度やったバカでございます。 映画館で『子ぎつねヘレン』で号泣して、旦那が隣で慌てていた記憶が(笑)
涙もろいにも程があり、最近は小学校の合唱や 運動会のダンス、駆け足に至るまで全て涙が出る、厄介なおばさんです。
余りに直ぐ(泣)為泣きほくろまでしっかりございますから、筋がね入りかしら(笑)
昨日のお話は本当にそう思う方が一杯いた事がわかり私個人ちょっと安心しました。 色んな視点からの意見も拝見しましたが…決して反対してる訳ぢゃないんだけど…ちょっと攻撃的に返された?ような文章もあり…この問題の深さを知りました。きっとなかなか解決って無いんでしょうね。残念です

2008.02.22 23:54 URL | #- [ 編集 ]

昨日メールさせていただきました。ほんまに難しい問題ですよね。昨日、書きそびれたことです。2匹目の子は、愛護団体からではなく、虐待を受けてこの子を保護し一時預かりされている方から私は選んでいただけました。犬種がちわわということで多数の方が里親を希望されたみたいです。引き取りが決まり、お迎えの当日におっしゃっていただいた言葉が「わたしがなぜ、○○さんなら・・・と思った理由が1つは直感、そしてこれだけの希望されたなかで○○さんだけが、写真や容姿、性格について希望がなかったからです。信じれると思いました」と・・・今でも心からこの言葉は離れません。私は「この子は家族になるように、決まってたかもしれない」と思いました。だって、ありえないような言葉でしたから・・・・わたしの今の生活条件は愛護団体さんでは、絶対にパスしないでしょう。でも、一時預かりをされている方のご意見は、すごく貴重で愛護団体さんは1番に一時預かりされている方の意見に耳を傾けないといけないんじゃないかと私は思います。ちなみに、私たち家族は元気に笑い、泣き、怒り、毎日を大事に過ごさせてもらってます。

2008.02.23 00:00 URL | ちわママ #- [ 編集 ]

「かわいそうなぞう」泣けますね~;;
私、今から2●年前小学生の頃に見たアニメ映画「象のいない動物園」の主題歌
♪やさしいめをしたぞうさんの~うまれはうみのそのむこう~
っていうの未だに覚えてますよ(笑)

愛護団体さんの件、本当に難しいですね。
うちも今の子はペットショップから迎えたのですが、
その後、ネットを通して色々な情報(繁殖犬の事とか)を得て、
次に動物を飼う機会があるとすれば、愛護団体さんから…と思っていたのですが
その厳しい条件は到底、満たせそうにありません。
まず行かず後家はダメなんですか~(苦笑)

どうか、ぽっぽちゃんに、新しい家族との出会いを待つ全ての動物達に
良いご縁がありますように♪

2008.02.23 00:09 URL | じゅんこ #dJw77bqw [ 編集 ]

・・たびたびすみません・・私が愛護団体さんに感じたことなんですけど。
私は里親になった団体さんつながりで、2回、お預かりしています。
今回のお預かりは別団体さんからで、今、その仔の事では近くのまた違う
協力団体さんにもお世話になっています。
その協力団体さんのブログ、とても辛口で、読んでいて正直コワくって
譲渡会も近くでされているのに、よう行きませんでした。
敷居が高いというより、人間に対してとっても厳しい感じで。叱られそうで!

でも、その代表の方、実際にお世話になってみると、とてもとても親切で。
心配な事があったらいつでも言って下さいね、と電話すると本当に様子を見に
立ち寄って下さったり、人間にもとても優しい良い方・・・なんです。
うちの犬の事まで心配して下さいます。ストレスになっていないかと。
ブログではわからないその本当の人柄。保護犬や先住犬に対するこだわり。
皆さん、ブログだけではきっと誤解されていると思います。私もしてました。

お預かりしている所の代表さんもとても気を使う方で、たった10日だけ
緊急で預かった子犬に里親さんが決まったとき、丁寧なメールを頂きました。
「おチビちゃんを助けて下さり本当にありがとうございました」と
ありがとうの文字が何度も。まるで私が命の恩人みたいに。
そんなに言ってもらってうれしかったです。ちょっとウルウルしました。

やはり、動物愛護に関わる方というのは、基本的に優しい人なのだと思います。
でも、メールなどだけではお互い、わかりあえないんじゃないか?と。
私はたまたま、最初の団体さんつながりで、最初から信頼された形でお会いし、
とても親切にしていただきましたが、何もないゼロからのスタートだと
ここまで上手くお付き合いできなかったのではないかと思うのです。
(そもそも、お預かりとして条件をクリアできてないかも!?←すみません)

私のような者でも里親になり、お預かりもし、なのにもっといい条件の優しい方が
お断りされているようで、それがもったいない、残念だと思います。
団体さんのそんな良いところを知ったからこそ、少しでも多くの善意の方々の
輪をもっともっと広げていきたいのです。
同じ気持ちの者同士、きっとひとつになれると思うのです。
でも、窓口を広げて歩み寄るのはやはり、愛護団体さん側だと思います。

本当に、最初に里親にならせて下さった団体さんに感謝しています。
この最初のご縁がなければ、厳しい団体さんの真の姿も知ることなく、
自分のしたいこともできずに、もどかしい気持ちでいたでしょう。
どうか、今はご縁のない方も、自分に合った団体さんや活動されている方に
出会えて、自分を待っているワンコに巡り会えますように。
長々とすみませんでした・・・m(__)m












2008.02.23 00:44 URL | プチ #- [ 編集 ]

譲渡会に参加して‥‥他の団体に寄付の1人です。会話が怖かったので‥‥。
たくさんのコメントによって何かが良い方向に進むといいですね。

2008.02.23 02:32 URL | inu #- [ 編集 ]

私も以前DSVの一時預かりをしていました。
お役に立てればと思って手伝わせていただいてましたが、代表の「一時預かりは、一時預かりだけしてればいい」「余計な事に口出ししてくれるな」と言う姿勢に嫌気がさし、犬を送り出した後一時預かりをやめました。
関わってみないと分らない事って結構たくさんありますよね。。。

[犬には優しいけど、人には優しくない。]
DSVの一時預かりが不足している理由には、そういったことあるのではないでしょうか。

皆さんの声が届くといいですね。

2008.02.23 08:11 URL | #bBmFigmc [ 編集 ]

はじめまして。私はドッグサルベーションのボランティアスタッフです。
本当に皆様の貴重はご意見ありがとうございました。
ぽっぽちゃんの預かりママさんも本当に毎日ご苦労様です。ありがとうございます。

私自身、里親さんやホストファミリーさんを決定する事には関わっていませんので、軽はずみにどうこう言える立場にはありません。
ただ粛々と日々シェルターのワンコ達が幸せになれると信じがんばっています。

この問題は本当に難しく、もちろんワンコを家族にむかえようと(ペットショップからや愛護団体から含めて)思って頂ける方全員の方が初めから「捨てよう、飼えなくなるかもしれない」とか思って飼う人はいらっしゃらないと思います。
しかし事実、毎年物凄い数の動物達が殺処分されてます。

私達の団体が引き取るワンコ達の飼い主さんが手放す理由も、軽はずみな、無責任な理由だけではなく、泣く泣くというかたも多数いらっしゃいます。
だからこそ代表もそのたくさんの事例を経験してきた上での条件になっているかと思います。年だから飼えなくなった。入院するのに独り暮らしだから面倒を見れない。子供が産まれてアレルギーだからもう飼うことが出来ない。などの理由で本当にたくさんのワンコが保健所に持ち込まれています。

もちろんここにコメントしてくださる方々や大多数の方は本当に家族として迎えて下さる方ばかりだと思いますが、中には「タダでもらえるから連絡したのに」とか「子供のおもちゃに」とかと言った理由の方も事実おられます。

せっかく「家族」として迎えようとしてくださったにもかかわらず、一方的に断られた方々の善意を踏みにじるような事があったことは本当に申し訳ないと思っています。実際私も団体の中の人間でなかったら、きっとそう思ってると思いますし。

ただたくさんのアクセスの中で、その子が決して同じような目に遭わないようにと見極めていかなければならない事の難しさを少しだけご理解いただければと思います。

私はここのボランティアを始めて1年が過ぎましたが、シェルターのワンコのお世話をしていて「里親さんが決まった」と聞くと泣けてきます。別れが辛いのと同時に「今度こそ幸せになりやっ」って・・行った後もどうしてるかな~っと心配になります。写真つきでこんなに元気にしてますって連絡いただいたら又泣けてきます。私でこんな気持ちですから、引き取った以上、その子を幸せにする責任がある代表はきっと何倍も思っています。

私は、ここから出て行った子が幸せになれるっていう確信があるからこそ、ここの団体でのボランティアもがんばれます。
そうでなかったらきっととっくに辛くて辞めていると思います。

私もまだまだいたらないところばかりですががんばります!
今回の事は勉強にもなりますし、逆にもっとがんばらないとと力を頂きました。
ありがとうございました。
同時に皆様の少しのご理解をいただければ幸いです。







2008.02.25 10:31 URL | ハナママ #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://naruoreo.blog48.fc2.com/tb.php/540-fe3a2259

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。