ナルトとオレオのしあわせ探し

時に行き場のないワンちゃんの一時預かりボランティアをしながら、ナルトとオレオが小さなしあわせ探し。キャバリアとチワワが「あなたの心の隙間お埋めします。」

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
2月の末に我が家にやってきたぷっぺ。
普通に飼い主がいたと聞いていたのに、なぜか名前がありませんでした。
年は推定9歳。
なぜか推定年齢でした。



20070310102413.jpg




飼い主がいたのに、名前もなく、年も不明...

一体どんな飼い主さんに飼われていたんだったんだろうと思い、ワンライフさんに聞いてみました。
ぷっぺちゃんを含め7匹のチワワを認知症のお年寄りが飼っていたそうです。
そして施設に入る事になったため、手放された子達。

だからこの子たちみんな、名前も過去もありません。
全て忘れてしまったからなんです。

今までの飼育環境は、7匹別々にサークルに入れられていて、散歩もなくサークルの中のみの生活だったそう。
別に虐待されていたわけではないんです。
きっとそれが、その人の「犬の飼い方」だったんです。
そんな「かごの中の鳥」のような生活を9年間してきたぷっぺ、どんな子なのか紹介したいと思います。



20070310102231.jpg

ぷっぺちゃんの舌は、かなり長い間出たままだったんだろうなぁ...と感じるような舌です。
チェリオもぐりも舌が出ていましたが、カラカラに乾いていたぐりよりもっとヒドイ状態で、先の方が干物(←例えが悪いですが)のようになっていて硬化して黒く変色しています。
20070310102622.jpg
↑骨が折れる前に健康診断に行った時の画像

高齢のため今は犬歯4本と奥歯しかないのですが、それよりももっと以前の若い時に右側の歯がたくさん抜けたらしいです。
何かにぶつけた(?)という話しだそう。(←元飼い主さんの話)
その頃から舌が出ています。


20070310131438.jpg

目も、右側の目だけが白濁しています。
コレも歯と同じ時の怪我かもしれません。
傷のために表面が濁ってしまっていると先生に言われました。



そしてもう一つ気になったのが、足が曲がっている事です。
20070310102435.jpg
写真を見てわかりますか?
後ろ足だけO脚になっているんです。

20070310102552.jpg
病院で診てもらうと、膝蓋骨脱臼でした。
膝のお皿がはずれているというこの病気。症状の程度でグレード1~グレード4まであります。
ぷっぺは一番重いグレード4でした。(膝のお皿が外れっぱなしになっている状態)
しかし今は傷みもない事と、高齢であることを考えて手術の必要はないそうです。(〃´o`)=3 ヨカッタ
この病気は、どこからか落ちたりしてもなりますし、運動不足などでも起こる病気だそうです。



ぷっぺちゃんは、今までお散歩した事がありません。
お外は大好きなのですが、紐を付けると固まってしまい、呼んでも引っ張っても固まったままです。
そんな様子を動画でどうぞ。


ね、動かないでしょ。(^-^)b ホラネ
ゆっくり慣れていってもらおうと思います。



でも、紐を放すとこの通り。
20070310112657.jpg
のびのび動き回ります。ヾ(@゚▽゚@)ノワーイ

しかし、犬に興味がないので単独行動ですが...
?( ̄▽ ̄;)そ、それにしても、遠すぎない?


相変わらず犬には興味ないですが、人間は好き♪
20070310102820.jpg


そして

食べ物も好き♪
20070310103336.jpg
ち、近すぎですよ...ヾ(-_-;)

そんなぷっぺちゃんは、どんなワンちゃんとでもモメる事もなくとっても仲良くやっていけると思います。



いつもこんな感じで、膝をペチペチしながら「撫でて♪撫でて♪」って寄ってきてくれるぷっぺちゃん。
20070310104528.jpg
かわいいでしょ。

でも...


「抱っこしてあげようか?」と手を差し出すと
20070310104458.jpg
ものすごい勢いで後ずさりされます。(TOT)ナンデ、ニゲルノ~

コレを見るたびに「ケージ越しに可愛がられていた子」というのを痛感する、かあちゃんです。

ぷっぺちゃん里親募集中。詳しくは→「ワンライフ」

クリックして応援してね♪
↓  ↓
banner_02.gif

明日は悪戦苦闘中、おしっこ成功への道です。



人気blogランキングへ
スポンサーサイト

ぷっぺちゃんとっても可愛い☆

しかし残念ながら携帯からだと大きい画像が見れません泣|ノД`。*)

アレルギーじゃなかったら、ぷっぺちゃんと一緒に暮らせるのに。。

2007.03.10 14:47 URL | たま #2Z5jlXfU [ 編集 ]

「自転車の前カゴから落ちた犬がそれから絶対に自転車に近付かない」と友達が話していたことがあります。
勝手な想像なのですが、ぷっぺちゃんも抱っこされていて痛い思いをした記憶があるのでは?と思いました。
骨折はやく治るといいですね。昔、実家にいたビーグルが骨折した時には病院でカルシウムの粉末を処方されたのですが、最近は処方されないのでしょうかねぇ(^.^;

2007.03.10 16:03 URL | モコらむ #- [ 編集 ]

こんばんわ。
プッペちゃんの生い立ち、そうでしたか。個別のゲージの中では犬社会を経験することがなかったのですね。
でも今は、しっかりお外の雰囲気を満喫していますね。(幸)

パテラですか。家の仔と同じです。外れたまま固定されてしまったので曲がったんですね。
でも、食欲があるので安心です。15年生きて大往生で亡くなった前の仔は大変食いしん坊だったので、食欲があるうちは多少の事もあまり気にしないでいました。
生きるという事は、口でご飯が食べれるという事…
今、繁殖場の衰弱した仔達は点滴だそうですが、早く自分のお口でご飯が食べれるようになってほしいですね。

プッペちゃんにいいご縁がありますように…
今までの分いっぱい甘えられる家族が、なちゅまる様のような家族みんなで愛してくれる所にご縁がありますように。

2007.03.10 23:09 URL | ハナ #- [ 編集 ]

はじめまして。なちゅまるさんm(__)m
何げにブログを見つけて以来、拝見させて頂いています。愛情のない人と生活を共にせざるをえなかった子達を知りました。私の父は認知症です。ぷっぺちゃんの飼い主だった方も認知症だったとの事。父は入退院を繰り返した度に始めは物忘れの様でしたが今では買い物に行っていた近所の店の存在も忘れ外に出ることも怖がっています。この先何もわからなくなるのではという恐怖感もあるようです。その方のご家族や環境はわかりませんしご本人の記憶も今となっては誰にも取り戻せません。

2007.03.11 00:34 URL | みき #- [ 編集 ]

認知症には同じ事を繰り返すという行動がみられます。今、新聞をとってないので近所のコンビニに行ったりしてますが、最高で同じ日の新聞を4回買いに行った事もあります。リビングにはメモだらけ。ホワイトボードに書いた受診日と自筆のメモと日記的なノートに同じ事が書いてあり毎日何度も何度も見て確認しても忘れてしまいます。
その方の場合、対象がワンちゃんだったのかもしれません。ぷっぺちゃんにとっても飼い主さんにとっても悪い結果となってしまったのがとても残念でなりません。同じ命あるものとして少しご理解を頂ければと思います。

2007.03.11 00:48 URL | みき #- [ 編集 ]

コメントありがとうございます!
毎日楽しく読ませて頂いてる「なちゅまるの父」です。

たまさん>
ぷっぺ、かなりカワイイっすよ。里親さんが早く見つかるよう応援お願いします!

モコらむさん>
今でも抱っこしようとすると、床に伏せてしまいます。ホント、過去に嫌な経験があったのかな~?

ハナさん>
パテラで一番症状の悪いグレードですが、問題なく生活できてますよ。外でも機嫌よく歩いてます。

みきさん>
ちゃんと理解してますんで、ご安心ください!これらもぷっぺの応援よろしくお願いします。

2007.03.18 00:36 URL | なちゅまるの父 #L6pwYLgY [ 編集 ]

なちゅまるくんお父さま
お返事ありがとうございます!
もちろんこれからもぷっぺちゃん応援してます!
はやく素敵な飼い主さんに出会えますように…

2007.03.21 02:35 URL | みき #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://naruoreo.blog48.fc2.com/tb.php/197-9e509bfa

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。