ナルトとオレオのしあわせ探し

時に行き場のないワンちゃんの一時預かりボランティアをしながら、ナルトとオレオが小さなしあわせ探し。キャバリアとチワワが「あなたの心の隙間お埋めします。」

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
大阪和泉市の繁殖場の件...



昨日7日、獣医師らで作る団体が大阪府知事を刑事告発しました。
動物愛護管理法違反などで刑事告発したのは、兵庫県芦屋市の獣医師らで作るボランティア団体。

大阪府が廃業した業者に代わって犬を保護しているのですが、府が不衛生な環境で犬を飼育した上、適切な治療をせずに放置したため23匹が死んだいう理由での刑事告発です。

この問題をめぐっては、大阪府が感染した犬を安楽死させる事を決めているが、動物愛護団体から猛抗議を受け計画を延期している。
というニュースが流れました。



よみうりテレビ ニュース→ 「ニュース映像」



【追記】
国会での大阪のブルセラ症の犬たちに関して話し合われた映像です。
→ 「国会映像」一度見てみてください。かなり分かりやすいです。



映像が長いので、かいつまんで言うと...
感染症の一番効果的な対策は「淘汰する(殺す)」事らしいです。
感染源の元を断つという事が一番確実という事が話されています。



でも感染予防法に指定されていないブルセラ症の犬たちが、「個」の感染であれば飼い主が治療するという事になっているのに、「集団」であったらなぜ殺処分になるのか?という事に関しても話されています。

「個」と「集団」との対応の違い、
一方は「生かす」、もう一方は「殺処分」といった両極端な対応があるから今回混乱が生まれたのでしょう。
「集団」であっても、バラバラに分ければ「個」になり、治療の対象になるのですから。

しかし、今回の対応は「個」だから「集団」だから対応が違ったわけではないと話されています。

今回の行政の「殺処分」の決定は、万に一つの可能性、何かあった時に府への責任追及を免れないという「責任上の問題を考えると、いたしかたない決定だった」という話がされています。

つまり、犬が府の持ち物だったから処分いたしかたないという事です。
何かあった時に「府は何してたんだ!」と言われるのは、目に見えているからです。(藤野議員の話)

ではナゼ、他県(静岡など)は県に強制的に犬の所有権を移さなかったのでしょう?
そんなに危険な病気なら、ナゼ強制的に処分しなかったんだろう?



しかし、ワクチンが開発されない理由(国立感染症予防研究所の意見)についての話もされていましたが、
研究されないのは、ワクチンを開発しても「手柄にならない菌」だからだそうです。それほど「無害に近い菌」なのだそう。



それなのに「処分いたしかたなし」...あまりにもギャップのある話に聞こえます。

分からない部分の多い菌だから、
行政に責任がある以上、万に一つの可能性を考えなければいけないから、
「殺処分」いたしかたなし...ウ~ム、難しいです。



(たぶん、こういった内容であってると思いますが、間違ってたら教えてください。)

でも「大阪府は殺処分しますが、あなたの家の犬がブルセラ症になったとしても、過度の心配をすることなく、愛情を持って取り扱うとともに終生飼養に努めるようお願いします。」
そんな風に言われても、説得力がないように感じるのは私だけ?
心配になるよね...


クリックして応援してね。
↓  ↓
banner_02.gif

府の管理不十分は事実です。
投薬が始まるまではとても元気だったワンちゃんたちでした。
生きるための治療だったのに、どんどん亡くなってしまった小さな命。
悲しすぎました。



人気blogランキングへ
スポンサーサイト

初めまして、いつもなちゅママさんのブログを見させてもらってます。今回の大阪府ゎ訴えられてあたり前です。一つ一つのちっちゃな命をふみにじってるんだから。これからちっちゃな命みんなが助かる事願ってます。ぷっぺちゃん大丈夫ですか?早く骨折治るといいですね。初めて書き込みさせてもらって生意気な事言ってたらごめんなさい(*с*)

2007.03.08 10:38 URL | チロル #- [ 編集 ]

初めまして。以前なちゅママさんも書かれていたように
国の厚生労働省のHPに「繁殖場でのブルセラ症集団発生」の対応が「陽性犬は治療」として載っていますよね。
この対応は間違いだったとなるのでしょうか??

所有権が府にあるから処分となるなら、wanlifeさんが所有権を持っていたままなら
静岡のように治療できたのでしょうか?府はなぜ所有権を譲るように言ったのでしょうか?
万に一つの危険を考えて処分ですか・・そんなに犬の命は簡単なものなのでしょうか。

2007.03.08 16:58 URL | hanahana #- [ 編集 ]

そんな無害だという菌ならば、なぜWHOではバイオセーフティレベル3に設定されているんでしょうか?

なんだか情報に踊らされてる気がしてなりません。

とにもかくにも陰性と陽性の犬たちが別離されてこれ以上の感染が広がらないことを祈るばかりです。

2007.03.08 18:38 URL | るな #- [ 編集 ]

るなさん
くすのき動物病院の先生バイオセーフティレベル3の件を
下記のようにご説明されていました。
↓↓
「バイオセーフティーレベル3と言うのは細菌等を扱う実験施設の基準であって、生きている動物に対する物ではありません。全く異なった物に対する基準をあたかもそれそのものの基準かのように引用する事はとても間違った事です。」

2007.03.08 19:36 URL | hanahana #- [ 編集 ]

いつも楽しく見させていただいております。
すでにご存知のとおり、またたび獣医師団が大阪府を刑事告訴され、受理されましたが、今、賛同者の嘆願書を募っておられます。
今回の行政の過ちを黙認すると、この国の動物福祉はもっと後退します。
またたび様のホームページをごらん頂き、できる限りの努力をしましょう!

2007.03.08 20:13 URL | GL母 #- [ 編集 ]

こんばんわ。
プッペちゃん、ご飯食べれるようですね。食欲あるのでひとまず安心ですが、でも思わぬところの「骨折」ですね。小さいので、痛々しいです。
自然に骨がくっつくんですね。それなら、過激な運動は禁物?

ワンが言葉が話が出来たら、聞いてみたい…
今は幸せ?と
きっとプッペちゃんはいっぱい幸せと応えてくれるでしょう。

今日の藤野真紀子先生の「国会答弁」はこれからの経緯で明らかになると思います。視察までして下さったので、あの仔達の目を見てくれてると、信じています。

なちゅまる様、情報ありがとうございます。ナルトちゃん、オレオちゃん、プッペちゃんみんな生き生きしていますね。

2007.03.08 23:09 URL | ハナ #- [ 編集 ]

万に一つの『何か』がある可能性…それぐらいの危険性で、命を絶たれなければいけないなんて。
世の中にはもっともっと恐ろしい菌なんていくらでもあるのに。
鳩を飼っていて、その菌で死んだ人、ありました。
それでも鳩はその辺にワンサカいるし、レースの為にたくさん飼ってる人もいる。
普通に飼われているインコやオウムにも菌はあるそうです。
知り合いは自分ちのネコにひっかかれて手がすごく腫れて急車で病院に運ばれ、その菌が全身に回ってたら危なかったそうで、それでもそのネコと今も暮らしています。
そんなの、その辺にいっぱいある。動物なんて多かれ少なかれ菌は持ってます。人間だって持ってるやん!
日本中の人達が「殺すほどのこともないかもね~、でも出てくる時はチャンと治療してからにしてよね!」って言ってくれる寛大さがあれば、行政もこんな決断を下さなくてよかったんでしょうね…。

2007.03.09 00:04 URL | プチ #- [ 編集 ]

はじめまして。

大阪府に所有権があるからではないと考えます。ワンライフが密かにレスキューしていた場合にはそのようなことはなかったのではないかと思いますが。集団発生した現場が管轄内にあった場合は指導管理する立場にある大阪府が対応するべき問題であると思います。ただ、大阪府はもっと早い段階で知っていたようなので問題は多きいのですよね。ワンライフさんがレスキューを順調に行っていたとしてもブルセラ集団発生しているのを知っている場合は隔離して出さないように指導する筈です。行政に責任がある以上ではなく誰が管理しても責任が発生します。万一、この現場から出た犬によってブルセラが広まった場合、いち愛護団体に責任をおしつけることも出来ないでしょうしね。個と集団の問題についても間違った見解だと思います。和泉の犬たちが散らばっていたら個ではないのです。もともと散らばっていたら感染しないし集団発生しないんです。個としてブルセラに感染している犬と集団発生した犬の違いです。感染した個の犬の飼養管理は飼い主です。安楽死させることもできますし治療して終生管理飼養することも飼い主の責任で行う問題です。
できれば感染しても愛育してくださいというメッセージです。そこに行政の苦渋の決断があるのだと思います。危険性は低いけど未知の菌であるところに今回の混乱があるのだと思います。他県の例はあてになりません。その後がまったく見えてないからです。

長々コメントしちゃって申し訳ないです。

最後に今のペット業界が最大の元凶です。今後のこのような事が二度と起きないように行政の指導と立法化をわたしは願っております。

2007.03.09 11:33 URL | あるはざーど #A1nIMjHc [ 編集 ]

はじめまして。静岡の犬達が処分にならなかったのは経営が破綻していない繁殖場所有(権)の犬だったから治療できたのです。繁殖場で繁殖に使うことができない犬のその後はどうなったか追跡できませんね。たぶん処分か?個人に承知の上譲られたか・・。
大阪和泉市の繁殖場は破綻していますね。

2007.03.09 18:44 URL | ごん #- [ 編集 ]

国会映像みました。
行政ですから致し方ないですか。
苦渋の決断ですか。
今は、Wanlifeさんが行政に頼ったことが悔やまれます。
佐賀県のレスキューも同様です。行政に頼ることはもうしてほしくありません。
助けることは殺すことや場所を変えた地獄にります。
まだ、殺処分撤回の望みは捨ててはいませんが、次々と現地で亡くなっていく犬達をみているととてもやりきれない思いです。

2007.03.10 00:03 URL | ちょうすけの母 #- [ 編集 ]

私もずっとこの一件を見てきて、「あるはさーど」さんのご意見にまったく同感です。
今ペット業界が変わる時だと思います。
鳩山先生に期待します。

2007.03.10 09:42 URL | まるまま #- [ 編集 ]

こんにちは。今回の件に関心を持っています。あるはさーど様のコメントを拝見いたしました。確認させて頂きたい部分があるのですが。集団発生と個での発生について述べられている箇所で「もともと散らばっていたら感染しないし、集団発生しない」とあります。私はこの文より、個で管理されていれば、他への感染はないと断言されているように受け取ったのですが。それを裏付ける根拠・事実などございましたら、うかがいたいと思っています。私の誤った解釈でしたらすみません。あるはさーどさんのご意見に共感された、まるまま様のご意見もお聞かせできたら幸いです。

2007.03.10 13:15 URL | あや #- [ 編集 ]

初めまして。
いつもROMってはいましたが、書き込みは初めてです。

今回のブルセラ症の件、よくわかりました。
この情けなさは大阪に住むものとして本当に情けないです。
申し訳ありませんが、こちらのブログのこの記事をリンクさせていただきました。

あの国会答弁・・・たくさんの方に見てもらって考えて欲しかったからです。
こんな形で殺処分される子たちがかわいそうでなりません・・・。
ほんとに情けない気持でいっぱいです・・・。

2007.03.12 23:44 URL | なりとろ #- [ 編集 ]

コメントありがとうございます!
毎日楽しく読ませて頂いてる「なちゅまるの父」です。

今回も一括してコメント返しを致しますので、ご了承願います。

とうちゃんも国会映像を観ました。
質問答弁の内容に関しては正直、うーーんっ。。。って感じでしたが、

こういった形で多くの方に繁殖場の件について知ってもらえることに関しては、
非常に良いことだと思いました。

なんとか良い方向に進んでくれることを願っています。

2007.03.15 01:30 URL | なちゅまるの父 #L6pwYLgY [ 編集 ]

>2007.03.10 13:15 あやさんへ

>個で管理されていれば、他への感染はないと断言されているように受け取ったのですが

集団発生しないと書いたのです。紛らわしい書き方になっていたとしたらすいません。文才ないものでして。個別に飼育されてる家庭犬がこんなにも爆発的に感染することはないという事を書きたかったのです。今回集団発生した100匹が散らばった場合に感染する危険性が少ないとはいえ、その少ない可能性が一気に100倍に膨れ上がるわけですよね。そこから何が起きるのかは計り知れない未知数だと思います。それを仮にも国民の健康を第一に考えるべき行政がやすやすと譲渡することはできないということだと思います。

答えになってますでしょうか。これ以上はこちらのブログ主さまにご迷惑になりますのでやめておきます。当ブログの関連記事へコメントください。また、当方、ただの犬好きですので専門知識など持ち合わせておりません。ネット上のものを拾った程度なのでご了承くださいませ。

2007.03.15 13:12 URL | あるはざーど #A1nIMjHc [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://naruoreo.blog48.fc2.com/tb.php/196-32ca093e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。