ナルトとオレオのしあわせ探し

時に行き場のないワンちゃんの一時預かりボランティアをしながら、ナルトとオレオが小さなしあわせ探し。キャバリアとチワワが「あなたの心の隙間お埋めします。」

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
言いそびれていましたが...
実は我が家、今こんな状態です。



20070301181027.jpg
らぶらぶ~♪



オレオちゃんに寄り添ってる、この方。
実は、月曜から我が家におりました。(今頃、告白)




20070301175647.jpg
今回我が家で預かることになったワンちゃん(チワワ 9歳 ♀)です。

20070301175928.jpg
チワワはチワワを好むそうですが...
ウチのオレオちゃんも、チワワ同士だといつも以上にフレンドリー♪

20070301175819.jpg
ほらね♪

20070301175847.jpg
このオレオのヤル気に満ちたお顔を見ていただければ、分かってもらえると思います。
このヤル気、チェリオ姉さんの時を思い出すわ...



この子の詳しいお話と来た頃の画像は、また後日ご紹介するとして、
今日の2ワンの様子と共に「母のギモン パート3」について書いてみたいと思います。




20070301180024.jpg




...というのも先日紹介した「青森県動物愛護センター」のHPの中に、犬のブルセラ病について紹介されているページがあるのですが、
ソコでブルセラ症の関連事例として紹介されていた「厚生労働省」のHPを読んで、母は???になってしまったのです。



母が???になった厚生労働省のHPの記事は
↓  ↓
http://www.forth.go.jp/mhlw/animal/page_b/b06-12.html



ココは、動物由来の感染症について説明されている厚生労働省のサイトなのですが、
今まで日本において発症した動物由来の病気の対策などが載せられています。
(ブルセラ症のほかにも、「エキノコックス症」「オウム病」などについてとられた対策についても載っています。)→http://www.forth.go.jp/mhlw/animal/page_b/b06.html



20070301180052.jpg




そこを読んでみると、

平成15年に静岡県内の犬繁殖施設においてイヌブルセラ症が集団発生し、114匹の繁殖犬のうち約半数51匹が感染していたにも関わらず、「陽性犬は治療を行う」という結末で終わったという話が載っていました。

国の厚生労働省のHPに「繁殖場でのブルセラ症集団発生」の対応が「陽性犬は治療」ですよ!
ビックリじゃないですか?

母は超ビックリだったのですが...もしかして、誰でも知ってた話?
知らなかったのは私だけ??

ま、知らない方のために、母が超ビックリした内容を書きますね。



20070301180120.jpg




http://www.forth.go.jp/mhlw/animal/page_b/b06-12.htmlの中の

一つ目の文書は...
厚生労働省健康局結核感染症課長が、静岡県健康福祉部に宛てた文書
(分かりやすく言うと、検査結果が出た後、検査を行った国立感染症研究所の研究班からの健康危機情報が提供さたのですが、
それを受けた厚生労働省は県に対して、「必要な対応をよろしく」と送った文書です。)

二つ目の文書は...
①の文書を静岡県へ通知した旨を各機関へ知らせた際の文書
(分かりやすく言うと、「上の文書を静岡県に送ったからね」という事を各機関へ知らた文書です。各機関とは、各都道府県、環境省、農林水産省、日本医師会、日本獣医師会、日本動物福祉協会などです。)


三つ目の文書は...
静岡県健康福祉部長が、厚生労働省健康局結核感染症課長宛てた報告書
(分かりやすく言うと、上の文書を受け、県の取った対応と今までの経緯などがまとめられている、厚生労働省に対する県の最終報告書です。1月の半ばに最終報告が出されています。)



20070301180144.jpg




報告して、コレでOKだったんですよねぇ。
陽性犬は治療で、OKだったんですよねぇ。
だから、厚生労働省のHPに載ってるんですよねぇ。ウ~ム...



15年10月頭に、静岡の繁殖場でブルセラ症が集団発生します。
その後、県は立ち入り検査をして、犬の全頭検査、飼育従事者全員の検査、検査に携わった動物病院従事者全員の検査を指示します。

10月末検査結果が出ます。
その結果は...
人間は全員陰性。
犬は、114頭中 51頭が抗体陽性 27頭がPCR陽性でした。
※この検査は大阪府が行っている検査と同じです。(今日、救済本部に確認しました。)



そして陽性犬すべてについて、繁殖業者とその主治医が治療を行う事に。
1月まで県が繁殖施設の消毒状態などをチェックし、問題ないことを確認。
感染防止と環境汚染への対策を継続する事を繁殖業者に指導してこの件は終わっているのです。



えぇぇぇーっ??



20070301180212.jpg




この件を担当した、静岡県の部署にお電話してみました。
トルルルル~ ガチャ



厚生労働省のHPに、静岡県の繁殖場で集団発生した犬ブルセラ症の対応について書かれていたんですが。
→その時の、指導や調査などはコチラでいたしました。



陽性犬は治療されたと書いてありましたが。
→業者さんと主治医の獣医さんが陽性犬の治療を行いました。



その後、どうなっているんでしょうか?
→その後ブルセラ症の発病などもなく、何も問題が起こる事もありませんでした。
施設の消毒状態なども確認したが、何も問題がありませんでした。
だから、県としてはその後何もしていません。



20070301180236.jpg




業者さんは治療もしてるし消毒もしているので、県としては後はお願いしますという感じですか?
→ハイ。



その後犬がどうなったなどは、ご存知ですか?
→コチラでは、わかりません。
その後、その業者が繁殖業者登録をしているのかなども把握してません。(調べたら分かると思うけれど、すぐにはわからない...という意味です。)



静岡県では、あまりブルセラ症に関して大騒ぎしなかったという印象を受けました。
適切な治療を受けさせて、施設の消毒を徹底して、管理者がそれを継続する。それで十分だったようです。



20070301180257.jpg




陽性犬は、繁殖場か主治医の病院で治療したようなお話でした。
お話を聞いていても、どこで治療するかなども、それほど問題ではなかったような印象を受けました。

大阪で言われているような、「バイオセーフティーレベル3以上の施設が必要うんぬん...」というような、たいそうな対応ではなかったようです。

消毒もちゃんとしてたし、治療もしていたし、その後も問題がない。
だから、追跡調査もしていない。

「その事が何か?」という職員さんのお返事が、大阪とあまりにも違っていて母はビックリでした。
しかも、厚生労働省もOKなんですよね?(←ひつこい?)



20070301180317.jpg




あれれれれ~??

あのワンちゃんが、静岡にいたら助かったって事なのかな?
県によって、考えか方が色々、対応も様々でどゆこと?



20070301180332.jpg




今まで静岡県の話を知らなかった母は、
静岡県の担当部署の方とお電話を切って、思わず

「どゆこと~??」って叫んでしまいましたよ。



20070301180348.jpg




「安楽死処分ホントに必要?」ますますギモンです。



クリックして応援してね♪
↓  ↓
banner_02.gif




人気blogランキングへ
スポンサーサイト

ぷっぺちゃん おっきなおめめで かわいいですね~。
オレオちゃんたちと楽しく過ごして 幸せになって下さいねー。

大阪府の決定はおかしいです。
ほんとに『どゆことー!?』です。
よい方向に向かうこと祈ってます。
なちゅまるさんの行動力はすばらしいです。
なにも力になれませんが 陰ながら応援しています。

2007.03.01 22:26 URL | ももぷりかあちゃん #- [ 編集 ]

こんにちは
いつもありがとうございます。
これからも全犬救命のためよろしくお願い申し上げます。

さがみ

2007.03.01 23:17 URL | またたび獣医師団 #- [ 編集 ]

ぷっぺちゃん、とっても可愛いですね。
オレオちゃんも、お友達ができて嬉しそうです。

静岡と大阪でこんなにも対応が違うとは・・。
なちゅまるさんが『???』となってしまうのは無理もないお話ですね。
静岡ができて大阪はできない?そんなお話になってしまいますよね。
でも、なちゅまるさんが静岡の件をみつけてくれて少しでもボランティアの方も動きやすくなるのではないでしょうか。
同じ日本でできる場所とできない場所があるのには納得いきませんね。

2007.03.01 23:17 URL | SOU #- [ 編集 ]

こんばんわ。プッペちゃんに暖かい里親さんが早く見つかりますように…。
命の重みを多くの人に…ブログランキング応援します。

和泉市のワン達は、助からない命ではなく、助けられる命なのですね。
静岡でも殺処分になっていないですね。

大阪府が、何故早急の処分の結論を出したのでしょうか?
深い疑問です。何かそうしなくてはならない柵でもあるのでしょうか?
全く持って、なちゅまる様の疑問と同じ気持ちです。

この事に行政が柔軟に対応してくれたら、23匹の無念の死はなかったと思うと悔やまれます。

谷川俊太郎の「生きる」という詩を書き込ませて頂きます。
不適切でございましたら、削除お願いいたします。

生きているということ
  いま生きているということ
  それはのどがかわくということ
  木(こ)もれ陽がまぶしいということ
  ふっと或るメロディを思い出すということ
  くしゃみすること
  あなたと手をつなぐこと



  生きているということ
  いま生きているということ
  それはミニスカート
  それはプラネタリウム
  それはヨハン・シュトラウス
  それはピカソ
  それはアルプス
  すべての美しいものに出会うということ
  そして
  かくされた悪を注意深くこばむこと

  生きているということ
  いま生きているということ
  泣けるということ
  笑えるということ
  怒れるということ
  自由ということ

  生きているということ
  いま生きているということ
  いま遠くで犬が吠えるということ
  いま地球が廻っているということ
  いまどこかで産声(うぶごえ)があがるということ
  いまどこかで兵士が傷つくということ
  いまぶらんこがゆれているということ
  いまいまが過ぎてゆくこと

  生きているということ
  いま生きているということ
  鳥ははばたくということ
  海はとどろくということ
  かたつむりははうということ
  人は愛するということ
  あなたの手のぬくみ
  いのちということ




2007.03.01 23:28 URL | ハナ #- [ 編集 ]

ブルセラ病を検索すると時々『静岡の・・・』と出て来るので不思議に思っていました。そういう事があったのですね。
冷たい雨の後、どうか虹がかからずにお日様が暖かく輝きますように…。

2007.03.01 23:32 URL | モコらむ #- [ 編集 ]

静岡では助けてもらえて大阪では処分・・
こんなおかしな話はないですよね。

2007.03.02 00:19 URL | りん #868LDUPU [ 編集 ]

はなさんのコメントにてをあげます。谷川俊太郎さんの詩こころの奥にしみてきます。助ける命ではなくて、本来奪われる命ではないのですね。正直めげてました。ありがとうございます。明日から又がんばります。

2007.03.02 00:35 URL | MAC #- [ 編集 ]

今、またたび獣医師団ブログで見たんです…私の住む沖縄にも3年くらいに前ブルセラの発生があったと。沖縄は外飼い犬が主流だし、野良ワンも結構いるし、避妊去勢手術をしない飼い主さんがかなり多い県です。ブルセラがそんなに恐ろしい病気なら噂くらいにはなるはず…?私は今回初めてブルセラ病を知りましたよ。

2007.03.02 01:03 URL | ばぁじゅうです #- [ 編集 ]

助ける命ではなく本来なら奪われることもない命なのですね。
ありがとうございました。勇気を頂きました。感謝いたします。
あの子達の命を輝かせてあげたいです。
生まれてきて生きていて良かったって思える犬生にしてあげたい。

その為にも、大至急 ↓ のブログを見て下さい。

http://haluulala.blog80.fc2.com/

以下一部抜粋です。

でもTさんは、ある提案をしてくれました。
民間の団体に頼っても、行政を動かすのは到底無理だろう。
大阪府に言ってもダメなら、その上に訴えるべきだと。
名を連ねている団体の、とりまとめをしている団体に直接みんなでお願いしてみてはどうかと。

メールの呼びかけをされています。
ワン達をあの地獄のような場所から一刻も早く出してあげる為にまだまだ諦めたくありません。
どうぞ宜しくお願いいたします。

2007.03.02 02:14 URL | ラブ母 #wLMIWoss [ 編集 ]

こんばんは!

この記事を そのままリンクしてよいでしょうか??
というより やらせてくださいね!


しかし・・・大阪府行政ってヤッパリおかしい

というか・・・怪しい!! 


意地になっちゃっているのかな・・そんなんだったら そんなの即辞めてくれ~!
(しつれいしました!)

2007.03.02 02:50 URL | かずゆうな #kSu.h7Ac [ 編集 ]

今日テレビの志村動物園をやっていました。
いつも見てるんですけど
全ての状況を話し(他県との対応の違い)
ココに駆け込んだらどうかと思いましたが どうでしょう?

2007.03.02 03:18 URL | White Rose #Xnq8k9Uo [ 編集 ]

今日のブログの内容、驚きました。
とてもじゃないけど納得できなかったので、「厚生労働省の判断と大阪府の判断の食い違いについてどちらが間違っているのか調査してください」という内容のメールを、安部総理公式ホームページ・厚生労働省ホームページ・大阪府知事ホームページ・各社テレビ局に送りました。
どこかひとつでも動いてくれることを祈ります。
ワンたち、それまで頑張ってね・・・

参考:
http://newleader.s-abe.or.jp/contact-info
http://www.mhlw.go.jp/
http://www.pref.osaka.jp/j_message/index.html
http://www.coffee-klatsch.net/tv.html

2007.03.02 03:48 URL | ひなたママ #- [ 編集 ]

大阪との違いに驚きです。
mixiの中でリンクさせてもらいました。

2007.03.02 11:12 URL | りこ #lPbilR3Y [ 編集 ]

v-286ママさん、こんにちは!
なんと!国内で陽性犬の対応が・・しかも処分なしの対応があったんですね!
これは大きな情報ですよね。
よく調べられましたよね。。感服いたします<(_ _)>

いつも頼って申し訳ありませんが、mixi内にリンク&転送させてください!
宜しくお願い致します。

2007.03.02 11:29 URL | hiro1130 #4ARdecsc [ 編集 ]

初めまして
こちらのブログを参考にさせていただいてmixi内コミュでコメントしたのですが
あちらはsnsなので皆さんに読んでいただくことが出来ません
引用という形で大変失礼なのですが、私の所感を書かせていただきます

以下引用

静岡の件と今回の大阪の件で大きく違うところは業者の対応能力にあります

静岡県内の犬繁殖施設におけるイヌブルセラ症の流行について(平成15年11月27日 健感発第1127001号)
のPDFファイルによると
>当該繁殖施設と上記動物病院では、投薬等による治療によって飼育犬の清浄化をはかり繁殖業務を続行する等の自主的な対応を検討中である旨、連絡してきた。

とあります

一方大阪の業者は
平成18年12月に経営危機である申し出
平成19年1月5日動物愛護団体に対して飼養している犬の所有権を放棄
平成19年1月15日同動物愛護団体から大阪府の管理に
<大阪府ブルセラ病感染犬等救援本部 これまでの経緯より>
http://www.pref.osaka.jp/doubutu/02doubutuaigo/08brucella/keika.html

つまり、静岡の場合は犬の所有権はもともと繁殖施設に有り
動物病院と協力して自力で治療しています
静岡県側は調査指導しただけなのです

もしこの業者が経営破たんして犬だけが放り出されたような
状態になった場合、静岡県でも果たして本当に
治療までしてくれたと思いますか?
今回の大阪と同じ結果になっていた可能性は大いに考えられます
一概に行政の対応の違いとは決め付けられません

2007.03.02 21:09 URL | モモ☆ #- [ 編集 ]

コメントありがとうございます。
皆さんの意見をしっかり読ませて頂いてる「なちゅまるの父」です。

一括してコメント返しをいたしますが、ご了承願います。

静岡と大阪の対応の違いにはホント???でした。
所有権の違いがあったのかもしれませんが、繁殖業者に任して処分しなかった
ことには、「さすが!」でした。

しかし、その後の業者に対する継続した追跡調査(立ち入り検査等)や、再発防止策が業者と行政の間でなかったことが逆に残念でした。。。

やはり元を断たないと繰り返すだけですからね。。。歯止めは重要です!

話はぶっ飛びますが、大阪府が口約束だけの所有権を主張するなら、その時交わした「全頭救出」って約束も果たして欲しいものです。

2007.03.05 23:33 URL | なちゅまるの父 #L6pwYLgY [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://naruoreo.blog48.fc2.com/tb.php/188-cf60470e

★沖縄からメール
ニュースというか・・・「本当の実例」を知っていただきたくて書かせていただきます。(場所が違うぞ!と思う方もいらっしゃると思いますが・・すみません!)いろんな憶測が飛び交っている「大阪・ブルセラ症ワンコ達」の件。一番危険なのは 「間違った認識」。2005年..

2007.03.02 02:58 | (^-^)ノけせらせら~ PURPLE MOON♪

動物がすごい
ノンフィクションの分野でも、忠犬ハチ公や南極物語などのように、実在した犬にまつわるエピソードや芸術作品などが数多く存在する。1880年代1889年:ツン(薩摩犬);西郷隆盛の愛犬。上野恩賜公園に立てられた銅像にその銅像が寄り添って立てられた。1895年:オウニー(雑

2007.04.22 08:48 | 動物がすごい

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。