ナルトとオレオのしあわせ探し

時に行き場のないワンちゃんの一時預かりボランティアをしながら、ナルトとオレオが小さなしあわせ探し。キャバリアとチワワが「あなたの心の隙間お埋めします。」

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
【まさか・・です。ワンライフさんが撤退しました!!
明日始まるというのに今何故、途中で放りだすのでしょう?
やはり団体の今後を考えてこのチームでやっていくのは不利という事?

今までワンライフさんを応援してましたが正直がっかりしました。とても悲しいです。】




20070219113813.jpg
投薬中に亡くなったワンちゃん。仔犬でした。



昨日発表された、ワンライフのブルセラ症感染犬のレスキューから撤退。
上のような意見も目にしました。



そういう意見も承知の上での、撤退発表だったと思います。



でも、今までの餓死寸前の犬達の命をつないだのは事実、彼らの力でできるだけの事をやり続けたのは事実です。

「アナタにはがっかりだ...」
そんな言葉を、私もブログをやっていて何度か書かれた事があります。
顔も見た事のない、何もしない誰かにこんな言葉を掛けられる気持ち...どんなに悔しいかわかりますか?



20070219113527.jpg
この子も投薬中に亡くなったワンちゃん。皮膚病のままでした。



12月の末、レスキューを公表する前でした。



「大阪の繁殖場に250匹の犬がいるんだけど、ブルセラって病気にかかってて、もうエサもないねんて。」

「感染する病気やからどこも助けへんらしいけど、このままやったら餓死するねんで。そんなん、放っておける?」



難しい感染症の犬達。
レスキューすると言えば、賛否両論間違いなしの犬達。

それでも現場にフードを運び続け、必死に行政と連絡を取って救える道を探し続けたワンライフを私は知っています。



20070219113340.jpg
この子も亡くなったワンちゃんです。みんなココから出たかったね。



「犬が好きで、幸せにしたい。」それだけの思いで活動してる普通の人。
ワンライフのスタッフは普通の生活の傍らで犬を助けてる人たちです。
でも少し有名になってしまったがために、人間のトラブル、圧力、脅し、中傷、かけひき...
日誌にアップできないような、いろんな事に巻き込まれていました。



簡単に決めた事ではなかった。
去りたくて去ったわけでも、保身の撤退でもなかった。

それが、いつか分かる時が来ると思います。



20070219113709.jpg
 犬達は今もきつい副作用に耐えてます。




行政が処分を決めてしまった犬達。
ワンライフのような普通の人には、もうどうやっても救う事ができなかったんです。

「力がある団体のやり方で、やってもらう。」
それで、犬達が一匹でも救われるなら...
だから決めたんだと思います。



20070219112919.jpg
3本足のハスキー。この子も元気がないそうです。



今までニュースでほんの数秒「陽性処分が決定されました」としか放送されなかったこの繁殖場の事。

今までどれだけ多くのの方がメディアに訴えても、一度も取り上げられる事のなかった「ブルセラ陽性犬の全頭処分」。



明日のテレビで大きく放送されると思います。
(現場に呼ばれているのは...バンキシャ、スッキリ!、とくダネ、ボイス、イブニング5など
今日、繁殖場に行ってると思います。)



20070219113405.jpg
 



力のある団体とはどういうものなのか...

これで、よく分かると思います。



どうか良い方向に進む事を祈ってます。
そして、私は地味に頑張るワンライフを応援します。

20070219113652.jpg
この子たちの幸せの扉が開きますように。

最後まで読んでくれてありがとう。
↓  ↓
banner_02.gif

明日は、かあちゃんが「スゲー」と感動した。
他の県の動物愛護センターの話です。



人気blogランキングへ
スポンサーサイト

私も、ワンライフさんのブログを読んで驚いていたところです。

でも、攻める気もこれからも継続して助けて欲しいという気持ちも
おきません。
失望って意味じゃないですよ。
今までのブログを読んできて納得したんです。
本当に皆さん頑張っていましたもん。簡単な思いで
その決断をしたのではないことはわかります。
私は、これからもワンライフさんを応援しますよ!!

そして、大きな団体へ未来を託された彼等ワンコたちの
幸せを祈ってます。

2007.02.19 12:49 URL | まめケロ #- [ 編集 ]

私も、ワンライフさんを応援し続けるし、なちゅまる家のブログも応援し続けますよ。v-221

2007.02.19 12:51 URL | kei #- [ 編集 ]

ワンライフさんに、私も心からお疲れ様でしたと言いたいです。
命を繋げてくれたことに感謝しています。
そして、現実を踏まえ苦しみながら撤退を決められたこと
どうして、批判ができますか?
進むばかりが勇気でも、素晴らしい事でもありません。
時には引く勇気も本物です。

私もこれからも、今まで以上にワンライフさんを支持させて頂きます。

2007.02.19 12:54 URL | モモ #- [ 編集 ]

なちゅまるさんの言われるとおりだと思います。
一番最初に、誰もが見放したあの仔たちに手を差し伸べたのは
他の誰でもないワンライフさんです。
ブルセラ病のことは知らせず、とにかくフードを、新聞をという呼びかけに
ワンライフさんを支持する皆さんで物資を送りました。
あの「最初の第一歩」がなければ、今のあの仔たちはなく、ここまで
これなかったんではないでしょうか?
それからも、ワンライフさんはできる限りのことをしてこられたと思います。
AAさんとのことや、今回の撤退も苦渋の選択だと言われています。
誰が非難することができるでしょうか?

放り出したのではありません。
力のある人たちにバトンを渡して託したのです。
あの仔たちが1頭でも幸せになれたら、誰がどんな役目を担ってもいいと思います。
ワンライフさんは、立派に自分たちの役目を果たされたと思います。

私もこれからもワンライフさんを応援し続けます。
大阪の現場のことは個人的に見守っていきたいと思っています。

2007.02.19 12:58 URL | プチ #- [ 編集 ]

私は、撤退と聞いてもそれなりの事情があるはずだし、一番良い方法に動くように考えてくださってると信じています。今係って下さってる団体もワンライフさんの頑張りがなかったら、もっと沢山の犬たちが犠牲になっていたと理解した上で引き継いで下さっていると信じています。私もワンライフさんを応援していきます。そして、ブルセラの子達も出来る限り見守って行きたいと思います。本当のところ私みたいな口だけの奴が一番がっかりな人間なんですよね・・・。

2007.02.19 13:08 URL | 翔 #- [ 編集 ]

ワンライフさんの撤退にはいろんな考えがあっての苦渋の選択なんだろうなあと思っております その事についての憶測での中傷やがっかりしたなんて事は言えないですね…だってワンライフさん達はワンコ達の為に闘ってきたのはまぎれもない事実だしね。憶測で時間をとる暇があったらワンコ達の為に役に立つ事を皆で考えよう!なちゅまるさんのブログで紹介されてるワンコ達の写真…辛いです 人間は本当に勝手な事した責任取らなくちゃだよ。毎日ワンコ達の事考えると胸が張裂けそうです。少しでも彼等の役に立ちたいと思い報道機関などにメールしてます。こんな事しか出来ない私をどうか許して…でも助けたいのです…

2007.02.19 13:09 URL | ピー #yQGq1PJ2 [ 編集 ]

すごくびっくりしました。でもワンライフの皆さんにはお疲れ様でしたと言いたいです。助けられるなら誰がやったっていい。できる人が協力しあって行けばいいんだって、見せてくれてありがとう。色んな事全部知ってる訳じゃないけど、ずっと見て来ましたから。頑張ってこられたの知ってますから。本当にありがとうございました。

2007.02.19 13:17 URL | ぐちを #- [ 編集 ]

私もワンライフさんのブログを見て、最初はびっくりしましたが、
苦渋の決断だったと思います。
助けられるものなら絶対に自分達で助けたかったと思います。
あのわんちゃん達の命を繋いできたのはボランティアの方やワンライフさんです。
私はこれからもワンライフさんを応援していきます☆☆☆

2007.02.19 13:34 URL | ティンクまま #- [ 編集 ]

ワンライフさん、今までお疲れ様でした。そして隠さずに日誌に報告して
いただき有難うございます。今回の繁殖所のワン子達のことでいろいろと
大変なことがあったと思います。いろいな壁があつたことだと思います。
言葉では表現できないことが沢山あったと思います。本当に有難うございます。
繁殖所のお子たちの命を助けるの目標に向かっての今回の決断だと思います。
決断する勇気はお子たちを助けたいの気持ちからだとその命のリレ-をしたの
だと思います。見放したわけではないと思います。今一番辛いのはワンライフ
さんだと思います。これからも大変なことがあるとおもいますが無理しないで
頑張ってくださいね。

2007.02.19 13:48 URL | 4チ-ママ #- [ 編集 ]

WanLifeさん、苦渋の選択だったと思います・・・
ただただ もう犠牲になるワンちゃんが増えない事を祈り、
今いるワンちゃん全てが健康になり、幸せに生きられる事を願います!!

応援していた私でさえツライ毎日ですから、WanLifeのスタッフさん、
ボランティアの方々は
どれだけの思いでいらっしゃるのか・・・と想像すると切ないです・・・
お疲れ様でした、ありがとうございました!!


2007.02.19 16:25 URL | ☆星月☆ #kBSm8tMw [ 編集 ]

こんにちは。
私、wan lifeさんは良くやったと思いますよ。
別に助ける事が出来なかったからって逃げたとか無責任とか思わない。
小さな規模の団体は仕方が無いのだと思う。
でもそこで「助ける力がありませんでした」と言って撤退した訳ではないし。
ちゃんと救援のバトンタッチをしているんだから見捨ててはいない。
今不満を齎している方はバトンを渡した相手がAAだったからなのかな?

でもそれとこれとは別問題だよ。
疑惑の追及はちゃんと受けるべきだし、AAにはその点も頑張ってもらわねば。
2団体は現場に入る事は出来たのかな?

wan lifeさんはできる事をやったと思うよ。
だから胸を張ってコメント欄も開けていいと思う。
このままだとどこかの某団体のようになってしまうよ。
頑張って、もう一山越えよう。
ファイト ファイト

母ちゃん、いつもありがとう。

2007.02.19 16:43 URL | ラッキー #- [ 編集 ]

ワンライフさんの決断はみなさんがおっしゃる通り、苦渋の決断だったと思います。
何もしていない私には責めることはできません。
命のバトンを次につなぐ事までしたのですから、、、
お疲れ様でした。
これからも応援してますよ!
そしてなちゅまるさん、辛かったと思います。
いろいろありがとうございました。
こんなコメントしかできなくてごめんなさい!!

2007.02.19 18:54 URL | おーき #- [ 編集 ]

こんばんは、ワンライフさんの件お疲れ様って言いたいです。出来る事、出来ない事出てくると思います。身体的、精神的、社会的に本当に大変だったと思います。メディアの力はすごいです。きっとまだ知らない人達も沢山いて知らない人達が知っていく事で又これから動きは変わって来るんだと思います。(実際、署名活動するのに知らない人が殆どで説明するのが大変でした。)

私はこれからもワンライフさんを応援していきます。
今回の事件はワンちゃん達が沢山の事を私たちに訴えています。1つ1つ考えていきたいです。


2007.02.19 18:59 URL | くりん #- [ 編集 ]

日頃のワンライフさんの活動には、頭が下がります。
目一杯の可能性を信じて、自分達のギリギリの時間を使って、犠牲も多いと思います。
今回の決断は、勇気ある決断だと思います。
前進し続けることも、勇気ある行動だと思いますが、身を引く決断を下すことにも、勇気は必要だったと思います。
皆さん同様、これからも応援し続けたいと思います。

2007.02.19 19:32 URL | はなな #- [ 編集 ]

なちゅまるさんのお気持ちが痛いほど伝わります。本当に辛い決断だと思います。
ワンライフさんのお気持ちを考えると涙がでます。
ブルセラという大きな壁をもったワン達の命に光をあて繋いでくださった事、簡単にできる事じゃないです。本当にお疲れ様です。

2007.02.19 19:40 URL | スマイル #- [ 編集 ]

お久しぶりです。
ワンライフさんの撤退の件、メールが届いた時は私も正直驚きました。
そして「あのワンコ達は、これからどうなるの?」って。。。
でも、日誌を読んで納得しました。
・・・「納得」っていうより、
「どんなに辛く苦渋の決断だったんだろう」と
まず、ワンライフの方々のことを思うと、涙が止まりませんでした。
実際に現場に関わってない私が、
そんなふうに思うのはおかしいと思われるかもしれないけど。
一番辛くてはがゆい想いを、身にしみているのはワンライフさんだと思います。

ただ「犬が好きだから、助けてあげたい」と思い、
見てみぬふりじゃなくて、今まで沢山のワンコ達を助けてきて、
大阪のワンコ達のことも、
どんなに批判されても助ける方法を模索して、
ここまで命をつないでくれたのですから、
誰も攻める必要はないんじゃないのでしょうか?

お世話をされてきたワンライフさん、ボランティアの皆さん、
そしてなちゅまるさん、本当にお疲れ様でしたm(_ _)m
これからも応援していきます。

残っているワンコ達が全頭助けられて、
亡くなったワンコ達の分も、幸せになることを祈っています☆

2007.02.19 20:18 URL | RIE #- [ 編集 ]

こんばんわ。お疲れ様です。
大丈夫。ワンライフさんを応援する人達は、
全国にいっぱいいます。
言葉にしなくても、思いは伝わっています。
なちゅまるさんも、悲しくなったり傷ついたりするような
コメントを書かれても、くじけないでくださいね。
傷つきやすい人ほど、優しい人。
だからワンを救えるんだと思います。
皆がバックにいる事を忘れないでね。

2007.02.19 21:23 URL | cafe #- [ 編集 ]

話題性のある団体の力って・・・大きいんですね。
沢山のメディアが取材に訪れ
状態の悪い子が治療を施され

それでも私はワンライフさんの姿勢に頭の下がる思いです。

形はどうあれ、状態の悪い子がお水を飲んだと言う
ボランティアさんのブログを見て、安堵しました。

わん達のためなら、撤退をも決断するワンライフさんを、
どんなバッシングよりも、ワン達の命を大切にするワンライフさんを、
これからも応援していきたいと思います。

2007.02.19 21:56 URL | aki #halAVcVc [ 編集 ]

ちからかぁ~・・・
日々激変する中で私が感じた以上に、現場の皆さんやWanLifeさんはジレンマを感じていらした事でしょうね?
そんな中で、自身も批判される事を覚悟の上で
噛み砕いて色々と伝えてくれた、かあちゃんに感謝です。

日誌や対策本部のHPだけでは、よく分からなかった事が多かった(私だけ?)
明日はビデオ録画をセットして、仕事に行ってきます!

2007.02.19 22:18 URL | amoka #- [ 編集 ]

wanlifeさん、どれだけ辛く苦渋の決断だったのだろうと
案じております。
wanlifeさんが立ち上がって下さったおかげで、土台が
出来たのは紛れもない事実です。
こんな大変なレスキューのさなかでも、Wanlifeさんは
奈良で友達が発見したワイヤー犬にも手を差し伸べて下さっています。
頭が下がります。

2007.02.19 23:08 URL | 刹那 #mQop/nM. [ 編集 ]

ワンライフさんが、やってきたこと、これからやろうとしていること。

今まで見守ってきた者には、わかるはずです。
面子より犬を救うことが第一だと、決心し公表し手を引くことでそれを成し遂げようとしているワンライフさんを、どうして責められるでしょう。

見ているだけなら誰でも出来ます。
だけど、そんな人に、頑張ったけど出来なかったことを「がっかりした」と責められたり、「途中で放り出した」などと陰口をたたかれるいわれは露ほどもありませんよね。

2007.02.20 09:23 URL | ぷりんちぺ #- [ 編集 ]

そうですね!
ワンライフさんは窓口を開いてくれました!
とてもとても大きな窓口を...

感謝してもしきれないです。

本当にありがとございました。
そして、お疲れ様でした。

そう心から思います。

2007.02.20 10:17 URL | にゃん #- [ 編集 ]

こんにちわ~私もwanlifeさんの活動すばらしかったですよね。
wanlifeさんがいなかったらあのワンちゃん達救われることなかったと思います
wanlifeさん少ない人数で大変だったでしょう
批判や行政の対応に耐え犬を救おうとしてくれたワンライフさんと現場で活動してくれたボランティアさんたち本当にありがとうございました

2007.02.20 12:39 URL | kasu #GTy1q32o [ 編集 ]

こんにちわ。
ワンライフさんの命のリレーがあったからこそ、現場のワンコたちは命をつなぎ今助けられようとしているんだと思います。
ワンライフさん本当にお疲れ様でした。そしてありがとうございました。と大きな声で言いたいです。
ワンライフさんの命に対する姿勢これからも応援していきます。



2007.02.20 12:40 URL | 九州わんこ #- [ 編集 ]

ワンライフさん、くだらない誹謗中傷なんか見る価値もないですよ~。
でもコメントされた人の気持ちを考えたら結構きついものがあると思います。
それを覚悟ではじめたレスキュー、そして撤退。
でも、ワンライフさんが始めなかったら今も存在しないレスキューでした。
誰にも知られずこの問題は処理されていました。
今もわんこたちが苦しみながら亡くなっていますが、この問題を鎮静化させたら
思うつぼです!青森のセンターの活動はちょっと前から知っていましたが
ここを手本として大阪だけじゃなくいろんな地方自治体が活動するようになって欲しい。
だからあきらめたら終わりだと思います。行政だから虐待してもいいなどということは
ないはずです。
大阪の一件は日本に真の「動物愛護」の道を開くための初めの一歩だと思うし、
この扉はどうしてもこじ開けなければならないと思います。
そのきっかけを作り、そしてつなげて来てくださったワンライフさん!
素敵です!尊敬します!


2007.02.21 19:19 URL | 白雪 #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://naruoreo.blog48.fc2.com/tb.php/176-dacd82be

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。