ナルトとオレオのしあわせ探し

時に行き場のないワンちゃんの一時預かりボランティアをしながら、ナルトとオレオが小さなしあわせ探し。キャバリアとチワワが「あなたの心の隙間お埋めします。」

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
昨日の「陽性犬全頭処分」の決定に驚きを隠せませんでした。

直接あの子たちの、純粋で人間を信じきった瞳を見ているだけに、ショックは大きいです。
20070208143117.jpg

治療してもらえるものと信じていただけに、
これからこの子たちも、やっと自由を手に入れられるものと思っていただけに、
「ウソ...」っていう言葉しか出てきませんでした。
20070208142713.jpg




私も先程、「大阪府ブルセラ病感染犬等救援本部」に電話してみました。
そして今回の事で知りたい事、ギモンに思う事を全て聞いてみました。
そして、かなり詳しく説明してもらうことができました。

それから、ワンライフの代表とも直接お話しました。



その詳細をココに書くと長くなってしまうので、少しだけ...



今、繁殖場の犬達の所有権は、大阪府にあります。
そして昨日、「大阪府ブルセラ病感染犬等救援本部」の第2回目の会議で「陽性犬全頭処分」が決定されました。
処分の日程はまだ未定ですが、これから会議などで決定されるそうです。



一回目の検査で陽性と出た犬達は、第二回目の検査を受けることもできずに、殺されてしまいます。

理由は...

もし今している投薬の効果で治ったかに見えても、「感染した事がある」という事実があるから。だそうです。
だから、「一度陽性反応の出た犬は根治が難しいので再検査の必要なし」という事です。


分かりにくいので、言い換えると


府の考えとしては、
治ったら○ではなく、一度でも感染したことがある事があれば×なのです。


ちょっとわかりにくいかもしれませんが、府はブルセラ症は完治しないと考えています。
なので、今まで行ってきた投薬は治療のためではなく、あくまで体からの菌の放出を止めるためです。
そして検査は、治ったかどうかを検査しているのではなく、前検査以降に感染していないかという事をチェックしているのです。
今後行われていく投薬も検査もそうです。


その理由は


「感染した事がある」=「治療しても根治が難しい」=「再発する可能性がある」からだそうです。
「再発する可能性がある」=「再発しない可能性もある」のにです。



府は
「一般人に譲渡する際に、再発しませんという保障ができないから。」
「100%安全になるべく近い状態でないと譲渡できない。」
と言います。



譲渡を視野に入れると危険というのならば、
一般人に譲渡せずに、どこかの施設で一生をまっとうさせてあげる事はできないのでしょうか?

処分するくらいなら、そういう選択肢もアリのように私は感じずにはいられませんでした。

あの子達は、生きるために生まれてきたのに...



前回「陰性」の犬達の中にも「潜伏期期間中のため陰性になった」または「その時陰性だったが、その後感染した」という犬もいるでしょう。

なので、陰性犬はこれからどこかの施設で「長い投薬」→「検査」→「投薬なしで発病するかを見る」→「検査」を繰り返すと思います。
これからも何度もあの犬達はふるいに掛けられるのです。
そして、長期の検査をクリアした犬のみ「100%に限りなく近く安全」としてに譲渡の権利が与えらるという事です。
すなわち、そのふるいからこぼれた犬達は、毎回処分の対象となっていくわけです。



母は悲しかったですよ。
20070208142226.jpg

やっと始まったと喜んでいた投薬が、治療目的じゃなかったことを知って...
もう、あの時には決まっていたんですね。



とにかく
今自分にできる事をしてあげたいです。
助けられる命なら、助けたい。
それだけです。



banibaniさんの方で署名用紙を用意されています。
メールを送ると用紙がもらえますよ。

メールアドレスは→banibani@cat.zero.ad.jpです。

20070208142354.jpg


最後まで読んでくれてありがとう。
↓  ↓
banner_02.gif




人気blogランキングへ
スポンサーサイト

>どこかの施設で一生をまっとうさせてあげる事

と書かれていらっしゃいますが果たしてそれが犬達の幸せと呼べるのでしょうか。
感情論だけではなく、具体策はお持ちではありませんか。
感染症の実態や犬に無関係な地域住民の不安、社会的な前途など様々なケースを総合的に判断した上での決定事項です。
行政には民の生命と財産を第一に守る義務があります。
決定が下されて後はせめて安楽死を与える事と業者以外にも多頭飼育者への取組みを考えておりますのでご支援ご理解をお願い申し上げます。

2007.02.08 13:25 URL | 非公式関係者です #WGv/JGO2 [ 編集 ]


「犬達の幸せ」
犬は人に愛されて幸せを実感する生き物です。
犬は死にたい、なんて願うことは決してありません。
最期の最期の瞬間まで、与えられた環境で必死に生きます。
ただただ、生き続けます。
最近の人間に一番欠けている、大事なことです。
施設の運営にはお金も人手もかかります。
しかし途方もないような不可能な数字ではありません。
すでに実践されている民間団体もいます。
本気で助けようと思えば、「具体策」は必ず出ます。

2007.02.08 14:23 URL | エル母さん #3OuhfF1c [ 編集 ]


なちゅまる様

貴方のブログで、ご意見をさせていただいて申し訳ございません。



「非公式関係者」様への質問です。

「どこかの施設で一生をまっとうさせてあげる事」は、犬達の幸せと呼べないのでしょうか?
生きる可能性があるものを、「引き取る」余力のあるモノ(WanLifeさん)に委託する事は、犬達にとって不幸なのでしょうか?


感染症の実態や、地域住民との摩擦、治療に関する細かな指針等を、全て加味した条項をWanlifeに授け、所有権を譲渡すべきだと思います。
それに、Wanlifeがサインできないのであれば、総合的な観点から、Wanlifeさんには犬達の所有権を持つ資格が無い、と言う事になります。

もちろん、島田さんを始め、Wanlifeさんは、この先課されるであろう条項を考えた上での今回の行動だと思います。
一時的な感情論だけで、動いているのであれば、もうとっくにこの件からは撤退し、他件に困っている犬達救援に徹したでしょう。


「行政には民の生命と財産を第一に守る義務があります。」

それはごもっともな話だと思います。
ただ、行政は、今回の結論と「同時に」、今後起き得る同じような状況を加味し、今後の指針を打ち出すのも1つの義務と言えます。
今回の被害となる犬達への処分から成る、二次的被害、三次的被害はどうなるのでしょうか?
ブルセラ病を持つ犬の飼い主たちや、悪徳ブリーダーは、この件をどう捕らえるのでしょうか?

安易に、「行政が、犬を処分してくれる」と思ったりしませんか?
「犬の所有権を放棄しても、なんとかなる」と安易に考えませんか?

行政が犬達の処分を簡単に言うのであれば、それこそ、「感情論を抜きにした」指針を、この結論と「同時に」打ち立てるべきです。
それが全く見えてこないのはおかしな話だと思います。



2007.02.08 14:44 URL | Q's Mom #- [ 編集 ]

なちゅまる母さん

問合せしていただいたことを教えていただきありがとうございます。

一度感染したことがあるから・・・・という理由だけで・・・
非公式関係者さんの言葉を借りると、民の安全を第一に考える大阪府は人間でも同じように対応するってことですよね?恐ろしい・・・

犬(動物)にはこんな決定をしていても、さすがに人間となると対応を変えるんでしょうね。人間は簡単に処分できないでしょうから・・・
いろいろ調べても犬(動物)は完治せず、人間は完治するという病気ではなさそうなのに・・・
犬(動物)は処分で人間は治療っておかしいです。納得できません。

でも、一番許せないのはこんな決定を下した人たちが、名称に愛護とついてる団体、獣医師たちだということ・・・・
抗議します。

2007.02.08 15:45 URL | きゃんてぃ #AWLImRas [ 編集 ]

行政のわんこだから治療も譲渡も不可能ってことですよね?
(お金か掛かるし、長引くし、場所ないし)
。。。としか私には意図が読めませんでした。

もしブルセラ病の陽性わんこをの危険性回避の為だけに処分するのでしたら
検査しないで売り出されたわんこの購入先も調べて過去にさかのぼって全頭検査するべきでしょう? 残っているわんこだけ対象っておかしくないですか?
(可能性というならこの施設のお隣のわんこさんとかだって、近くに野良犬がいればそのこだってわからないです)

うちのわんこだって、検査をしていないだけで実は陽性かもしているかもしれない。
狂犬病のように法で定めるべきです。

中途半端すぎて納得がいきません。

ただし、周辺にお住まいの方の不安な気持ちはわかります。
そういったことへの対策を考え実施するのが行政の仕事じゃないのでしょうか?
その答えが一番安易な「処分」ってことなのでしょうが。。。

なちゅまるママさん、申し訳ありません。
でも随分不条理な話で(泣)


(抜粋)
ブルセラ病は、感染症法4類および家畜伝染病予防法の監視伝染病(家畜伝染病、対象動物は牛・めん羊・山羊・豚・水牛・しか・いのしし)に指定されています。

 法律に基づき家畜に対しては治療は行わず殺処分します(摘発・淘汰)。イヌでは抗生物質の投与を行うこともあるが、細胞内寄生菌のため根治は難しい。

2007.02.08 16:22 URL | じゅんこ #- [ 編集 ]

冷淡としか思えません。
感情論になってなにが悪いんですか?
助けて上げられる命を殺すという意味が分かりますか?
もし自分がそのワンコ達だったら生きたいと思いませんか?
地球は人間だけのものですか?


2007.02.08 16:58 URL | 柏 #- [ 編集 ]


「非公式関係者」様への質問です。

あなたは ご自分の家族が もう治らない病気です、とお医者様から宣告されたら
はいそうですか、と それだけで判断しますか?
他の病院を探したり 治るという見解を持ってるお医者様を探したりしませんか?
そういうお医者様がいたら早速話を聞いてみようと思いませんか?

そんな考えに納得できないから、支援や理解などで出来ないから
こうして多くの人たちが何とかワンちゃん達を
幸せに生きられるように嘆願しているのです。

我々と同じ心を持ったワンちゃんを
幸せにしたいと思っているのです!

どうかわかっていただけないでしょうか?



2007.02.08 17:09 URL | 小夏 #kBSm8tMw [ 編集 ]

はじめまして。いつもブログ拝見しております。私も微力ながら報道機関にメールを送りました。どうしても、この子達を助けたいと思っております。人間の勝手な行動で被害にあいながらも人間を信じて疑わない子達…本当に悲しすぎます。それにどこかの施設で一生をまっとうさせてあげることがなぜ幸せじゃないのでしょう?安楽死させてあげる事が幸せなのですか?納得いきません。私に出来る事はわずかかもしれませんが、出来る事は全部やってみます。

2007.02.08 17:16 URL | ぴー #- [ 編集 ]

小さい頃「人・動物・物は大切に」「弱いものはいじめないように!」って教わりました。
多分ほとんどの方が、幼稚園や小学校で教わった事だと思います。
大人になると忘れてしまうんですかね?
明らかに自分たちより立場が弱いのに、、、
辛いも悲しいも言えないのに、、、
命ってそんなに軽いものじゃないのに、、、
なちゅまるさん、どうにかしたいです!!

2007.02.08 17:40 URL | おーき #- [ 編集 ]

こんにちは。私は直接見に行ったり、お手伝いとか出来ていなくて、すごいやきもきしながら見ていました。行政の決定は『やっぱり』な結果でしたね。直接現場でボランティアされてる皆様達の気持ちを思うと行政と言う見えない力に対して怒りがこみ上げて仕方ありません。だって同じように接してる子達なのに、この子は陰性だから助かる、この子は陽性だから処分されてしまう・・・なんて割り切ってお世話できるはずがないじゃないですか。写真でしか見れないあの子達に、なんとか『家族』と言うものを感じさせてあげたいと心から思います。出来る事はしたいです。

2007.02.08 17:56 URL | ばあじゅうです #- [ 編集 ]

人間には安楽死は認められてませんよね。生きる権利があるのです。
安楽死をおこなった人は殺人で捕まりますよね。
それほど命の重さがあるはずです。命の重さはみんな同じです。
お母さんは命をかけて子供を産むのです。
納得いきません。絶対に諦めません。あの子たちの笑顔を消すことは
誰にも出来ないことです。内閣総理のメ-ルにメ-ルしました。

2007.02.08 18:08 URL | 4チ-ママ #- [ 編集 ]

はじめてコメントします。チェリオちゃんの時から拝見していました。

昨日は、結果を聞いて、ショックでした・・・。
泣きそうでした。

昨日も今日もニュースでしていましたが、ほんとに少しだけの報道ですね。
今日はワンライフさんのスタッフさんも話されていました。
これだけ騒いでも、あまり大きく報道されないのは、パニックになるからとか、
大阪府という公的な機関が入っているからなのでしょうか?

ブルセラ病で、ネット検索をかけると、何件かヒットします。
ブリーダーのブルセラ病は今回だけじゃないみたいですね・・・。
数年前にも何件かあったようです。どういう対処になったかはわかりませんが。

また、ブリーダーから受け取った犬がブルセラ病だったという犬のネット相談も
ありました・・・。
もしかすると、以外とブルセラ病はいたるところで少数発生しているのかも・・・
と思いました。
それだけ悪質なブリーダーがいると言うことでもあると思います。
今回も、おそらく例の大阪のブリーダーで、ブルセラ病の親から生まれて感染した犬を、
知らずに購入して、感染しているのを知らないで、
普通に育てている飼い主さんが多数いらっしゃると思います。
(もし危険ならば、血統書つきでしょうからJKCからでも飼い主を調べる必要があると思いますが)

何が言いたいのか、悲しくて自分でもまとまらないのですが、
治るという病気なのであれば、それを証明できるような獣医学の論文なり、
獣医師の有志たちの要望が必要、と思います。

報道も、大きく報道された場合、
世の中、犬好きな人ばかりじゃないですから、処分を求める国民の声も当然出てくるでしょう・・・。
でも、きちんと治り、危険がないのならば、安易に処分してほしくないです。
もっと、ブルセラ病について、正しい知識を、大阪府の関係所管も、関係した獣医も
報道者も知ってほしいと思います。

2007.02.08 18:51 URL | かなしい #A2rr49G2 [ 編集 ]

なちゅまる様、こんばんは。
チェリオちゃんの頃から毎日楽しく拝見しておりましたが、今回の件で私もとても悲しくて・・・。
実際かわいい仔たちをその目で見て来たなちゅまるさんは、もっと辛いことでしょうね☆

人間て本当に勝手な生き物ですね。恥ずかしいです。
昔、戦争などで大量虐殺が行われたりしていましたが、人間相手となると残酷な昔の過ちなのに、それが犬相手だと平然と現在にも存在している・・・。

人間がどれだけ犬に助けられて生きているか。
仕事などでも、精神的な面でも。
自分が生きるために他の命を奪う生き物はいても、こんな勝手な理由で命を奪う生き物は人間だけでは?
そういう私も恥ずかしながら人間なんですけどね。
私も出来ることはしようと思います!
みんなに愛される喜び・幸せを知って欲しいです!!

2007.02.08 19:28 URL | まさみ #iMK0FLrs [ 編集 ]

なちゅまるさん、こんばんは。「陽性の子は処分」の結果に愕然としました。この子達は何も悪くないのに、、、今日我が家のワン達が嬉しそうに遊んだり気持ちよさそうに寝ている姿を見ていたら涙が出てきました。同じ命なのに、、、「ブルセラ症」の治療を中途半端で処分ですか、、、アメリカでも処分してるからって日本でも処分ですか、、、日本は弱者切捨て右倣えの国ですよね。「ブルセラ症」の子達に治療を受けさせながら追跡調査を行っていくとか考えないのでしょうか。今後もこのような事は出てくるでしょう。その時も処分なんて辛いです。「殺す」事よりも「生かす」事を考えて欲しい。「日本は豊かな国だけど心の貧しい国」って言われてもしょうがないですよね。私は子供に「人間は今世の中でたまたま1番優位に立っている。だから小さな生き物達を守って大事にしていかなきゃいけないんだよ」ってシートン動物記の言葉を教えてきたけど処分された事を子供に伝える時(まだ知らないけど)「世の中で1番恐ろしいのはお化けでも幽霊でもなく生きてる人間だよ。」って言わないといけないのかな?人間のお金儲けの道具にされた何の罪も無い子達が殺されていくのは切ないです。本当に何とかしたいですよね。

2007.02.08 19:57 URL | くりん #- [ 編集 ]

なちゅまるさま、チェリオちゃんのときから、いつも読み逃げさせていただいております。今の自分の状況は大阪から遠い地で、大阪府に対してメールを送ることくらいしか出来ません。でも、少しでも、犬たちの力になりたいと思っております。
詳しいレポートを、いつもありがとうございます。
ところで、昨日救済本部とやらにメールしたんだけど、『受け取りました』の返信すらないんですよー。受け取り通知なんてBCCで出せばすむことなのにさー。まさかと思うが、メールみないでそのまま削除されてるんじゃ…。

2007.02.08 22:02 URL | ゑ #TY.N/4k. [ 編集 ]

陽性の子は処分。
処分の理由には、あまりにもお役所的な理由ですね。
人間だったらありえないことなのに。
陽性の子は処分と初めから決めてたのなら、なぜ副作用の強い薬を投与したのでしょうか?
菌を排出する為とのことですが、そんなに感染力の強い病気だったら、なぜボランティアに世話をさせたのでしょうか?
陽性だってわかってからも。矛盾してますよね。
悲しさを通り越して怒りを感じています。

2007.02.08 23:28 URL | りさあね #HfMzn2gY [ 編集 ]

はじめまして。
「非公式関係者」の「総合的な判断」には同意も理解も困難です。第一に、犬のブルセラ症が容易に人にも感染し、重大な疾病をもたらすとの理解は誤りです。まして、危険を除去するために多数の犬を処分するんのだと言うのであれば、それ以外の対応は実施しないための言い訳にしか聞こえません。第二に、治療は可能ですし、ワンライフさんたちが実施している募金を充当することは容易です。一旦行政が「所有者」になってしまった場合には、「処分」の選択肢がもっとも容易だからに過ぎません。「治療して助けよう」とした場合に、一体、行政は主体的な行動が出来ますか? 第三に、この問題が多くの方々の関心を呼ぶのは、確かに犬や猫が好きという方々が圧倒的でしょうが、「行政が選択してしまうかもしれない尋常ならざる選択」に人としての異議を唱えているのが本質です。「殺すくらいなら、施設に収容して生涯を全うさせたい」と願うのは、このような方々のせめてもの「望み」ですよ。勿論、時間は必要ですが、どの団体も「里親を探して、犬たちにとっては最も幸せな境遇で生きて欲しい」と願っていますから、「まずは、殺すな!」と叫んでいるだけです。 

2007.02.08 23:42 URL | かすみの父 #- [ 編集 ]

コメントありがとうございます!
「陽性犬全頭処分」の決定に断固反対の「なちゅまるの父」です。

2/9(金)放送の、関西テレビのスーパーニュースアンカーで
先日の取材分が放送されるそうです。


決定事項を覆す何か良い提案はないだろうか。。。
なんとかしてあの子達を助けたい!!

とうちゃん、ない知恵絞って考えます!!

2007.02.09 01:14 URL | なちゅまるの父@お知らせ #L6pwYLgY [ 編集 ]

絶対にあきらめません! もちろん署名に協力します!
絶対、絶対救けたい!!

2007.02.09 01:39 URL | maria #- [ 編集 ]

お久しぶりです。毎日拝見しています。日々失われていく小さな命..自分の無力さに悲しくて、悔しくて。私がチョロ松を家族に迎え入れたのは、今まで幸せではなかったであろう彼の犬生。残り長くはない彼の犬生を穏やかに、楽しい事もうれしい事もいっぱいあるんだって、生まれてきてよかったって思ってもらいたい。チョロ松はなちゅまる家に一時預かりしてもらってラッキーだったと思います。でもそうじゃない子たち。良い事の一つも知らないで死んでいく子たち。生まれるのも死ぬも人間のかってで決められるのですね。なんて残酷な..命の重さを考えさせられる日々です。
追伸、チョロ松もブリックも元気いっぱいです。チョロ松はちょっと太りぎみなのでダイエット中です。

2007.02.09 03:22 URL | チョロ松ママ #- [ 編集 ]

何とか命だけは救う道はないかとブルセラ病について調べ続けました。でも獣医のような専門的な衛生の知識もなく自分で現場へは例え近くに住んでいても怖くて行けません。そして、もし隔離されて衛生の徹底した施設に管理されたとしても、その管理者の下で犬の世話も怖くて出来ません。見に行くことも疑心暗鬼で行けません。菌が出なくて陰性の犬と判断されて譲渡に出されたとしても、いつ再発するか怖くて、可愛いより家族の安全を考えるととても飼えない。例え避妊手術をして飼ったとしても家の外へは知らずに菌を撒き散らすことになるかもと散歩もできないのです。ある日検査で再発と知らされたときにはブルセラ菌は巻散らされているのです。そして処分されるのはつらすぎるからです。大阪から譲渡された犬が近所に来たと知ったら、飼い犬を外に散歩出来なくなります。皆に内緒で買うのは無責任とひなんされます。危険です。近所に蔓延国内にと感染率はあっというまにあがるでしょう。。過去発覚したブルセラ病は静岡県で発生。原因は、アメリカから輸入された繁殖ビーグル犬。(アメリカでは、現在、ブルセラ犬陽性犬は処分され淘汰。)
国内全部のペット犬が疑いの目にさらされないとはかぎりません。散歩も危険視されかねません。
 ボランティア達が守る、犬の救命にも限度があってしかるべきと思います。
空気や小水でも伝染するというブルセラ病です。
陰性と陽性の子が分かり、即隔離されなかったのはなぜでしょう?100頭もの犬が陽性になってしまった伝染力の脅威。その後の管理も気をつけていたでしょうが、陰性の子達の中で、どのくらい感染を逃れて救命できるか祈るしか出来ません。
伝染力を測るため動物実験的に生かされているとしか思えません。
淘汰、辛い選択だけれど、健全なペット達の環境を守る為にもなる。

2007.02.09 08:17 URL | 正直な一般人 #- [ 編集 ]

処分は絶対に許せませんが、このような結果が出た事に驚きはありません、何故なら相手は健康な仔でさえ捕獲すれば処分してしまうする国の『行政』だからです、そして上手過ぎる話しをギリギリまで見抜けなかった事も、あの仔達を処分という結果に追いやってしまった一因にもなっているのではないかと思います。そんな状況を行政・本部は陰で鼻で笑っているのかもしれない、だから非難批判の電話はマニュアル通りの対応、FAX・メールは放っぱなし、痛くも痒くもないと…。絶対に処分はさせない!と自分に出来る事を出来る限りやりながら、涙が止まりません。

2007.02.09 09:43 URL | ふうりん #- [ 編集 ]

非公式関係者さん、正直な一般人さんのおっしゃる事、全く分からなくもありません。でも、結果を出すのは、やるべき事・出来る事全てをしてからではないでしょうか?それ程危険だというのなら、何故すぐに処分しなかったのでしょう?何故きつい副作用を投薬してまで菌の排出とやらをしたのでしょう?アメリカでは処分かもしれません、でもここは日本です、ブルセラに関しての決まり事も確かな見解もないままに処分を行えば、きっとそれが広い意味でそのまま悪慣例になります、どちらも命に関わる危険だと思うのですが?

2007.02.09 10:32 URL | ふうりん #- [ 編集 ]

はじめまして。
世の中にはいろいろな立場・考えを持った人達がいます。今回の繁殖場の近隣の方々にしてみれば、健康の不安・風評被害による偏見・土地などの財産価値の下落等の不安もおありでしょう。府民を守る公の立場の方々のとしては今回の「苦渋の選択」は始めからほぼ決まっていた事なのかも知れませんね。
しかし。「機械のように」ただ営利目的の為に子犬を産まされ続けされて来た子達は、口をきくことも出来なければ自己の命を守る権利さえ与えられないのですから、代わりに主張しなければならないのです。
議事録にあるようにブルセラ症がとてつも無く危険であり、ペットとして飼われている犬にも保菌犬がいるならば、なぜ犬を飼う前には必ず検査をと国は国民に言いませんか?なぜ悪質なブリーダーは野放し状態なのですか?なぜ知識も無い素人ブリーダーがネットで犬を売る事を禁止出来ないのですか?なぜ不特定多数が出入りするドックラン・ドックカフェの営業を認可するのですか?飼い犬であれば民事裁判を起こされるから手は出さない、治らないと承知で治療を勧めるのですか?あ、大阪の獣医さんではブルセラ症と診断されたら治療はムダと判断されるのですよね。獣医師会の判断ですものね。
あの議事録を読む限り、犬を家族として暮らしている人達をもこういう風評被害に合わせるのです。罪無い多くの犬達の命を脅かすのです。大阪だけの問題じゃないのです。貴方方の安易な発言・結論でかえって他にもいるだろう「罪無き繁殖犬」達が隠されてしまう事もあるとは考えませんか?
それとも今回の「罪無き被害犬」の処分は『見せしめ』ですか?
府の関係者の皆様、もう少し時間をかけて治療をし、方策を考えますんか?身を犠牲にしてまでも闘う愛護団体さんと手を取り合いませんか?税金使えとは申しません。きちんと目的に使われる基金っあれば頑張って送ります。
昨日、お散歩で会うお子さんが言いました。「僕の犬が病気だったら殺されるの?そうしたら僕、このコを連れて逃げるの。」

2007.02.09 11:28 URL | peace #wg/EPUrM [ 編集 ]

正直な一般人さん。
確かにブルセラ症は怖いかもしれません。
アメリカでは淘汰されてるかもしれません。でもそれは繁殖に使う場合の血筋を淘汰する(避妊去勢)ということではないでしょうか?
真面目にブディーングしてる人(その犬種を愛してる)は、簡単に安楽死させません。生かす方法はあるはずです。例えば外で排泄させない。
もともとお散歩に行ったことのない子たちばかりなのですから、トレーニングで室内のみで排泄させるようにする。
トイレシーツは二重の袋に入れ捨てる。(医療廃棄物として獣医さんのところでまとめて捨ててもらう)
ブラッシングはゴーグルをつけて、作業後はよく手を洗う。
もちろん、 避妊、去勢は絶対する。
他の犬との接触はできないけど、一般家庭で愛情をもって飼われれば犬同士では遊べなくても幸せだと思います。
それに大阪府の考えるとおりだと、もっともっと犠牲になるこは増えてしまいます。




2007.02.09 13:09 URL | lisafamily #HfMzn2gY [ 編集 ]

はじめまして。テレビ局数社にTEL・FAXしましたが未だ回答無しですが。
ワンちゃん達、助けてたいですよー。
だって日本には、数パーセントのブルセラ病に感染している犬がいると、
発表していますよね。
計算すると飼養されている家庭犬の約40~50万頭の犬がこの病気にかかっていると言う計算になりますよね。
でも、人に感染して新聞沙汰になったなんて事あったかな?
今、処分されようとしているワンちゃん達は、紛れもないブルセラ病に
かかっている…と言うことは、国で研究資金をだし、国民の安全の為に今後の事を考えるべきだと思います。家庭犬の中で病気がわかった時に、普通なら我が子のように愛しているワンを処分は出来ませんよね。
もっと、犬のブルセラ菌を研究して、発見されても相応の対処が出来るよう
努力する必要性を感じます。
一番簡単な殺処分だけ選ばず、もっと解決策をかんがえるべきです。


2007.02.09 16:43 URL | nana母 #hrnVXQAc [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://naruoreo.blog48.fc2.com/tb.php/163-de7520e6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。