ナルトとオレオのしあわせ探し

時に行き場のないワンちゃんの一時預かりボランティアをしながら、ナルトとオレオが小さなしあわせ探し。キャバリアとチワワが「あなたの心の隙間お埋めします。」

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
先日、ぐりを愛知県で保護してくださった方が、当時の写真やお話をメールで送ってくださいました。
話だけは聞いていましたが、実際に写真を見て闇ブリーダーの「一つの命」を「モノ」としか考えない扱いを詳しく知り、とても腹が立ちました。





以前にも書いたように、ぐりは闇ブリーダーの放棄犬です。
狭く汚い小屋の中で、犬の登録、狂犬病、ワクチン接種、フィラリア投与さえもしてもらえず、子犬を産まされ続けていました。

その闇ブリーダーは、犬達をさんざんお金儲けの道具に使い続けた挙句、自分が引越す事を理由に犬達を保健所で処分すると言い出したのです。

まるで不用になったゴミを、ゴミ捨て場に捨てるかのように...




ぐりの育った場所は、電気もエアコンもないプレハブ小屋です。
下の写真の奥に見えるガラスのある小屋がプレハブだそうです。
20070115195756.jpg

↑このゴミ捨て場のような場所に外飼いでコーギーとゴールデンとMIXが繋ぎっ放しにされ、奥にぐり達がいれられていました。
コレが闇ブリーダーの姿なのです。
こんな不衛生で愛情のかけらもない場所で子どもだけを産ませ、売りさばいてお金にしていたのです。



真夏には直射日光を受けて、この中は何度になっていたのでしょうか...



暑くて...寒くて...汚くて...
手間も愛情のかけらさえも掛けてもらえずに、ただ生かされていたいただけの8年間。
それでもぐり達は必死に生き抜いてきました。
人間に愛される喜びも、広い野原を走り回る楽しさも知らずに。





ブリーダーが犬を放棄すると言い出してから、20匹のうち状態の良い子から先にもらわれていきました。
最後に残ったのは、老犬と疾患を持った犬ばかりです。
その中にぐりはいました。
pagu.jpg
↑当時のぐり





ワンライフのスタッフが愛知に行くまでの半月ほどの間、メールを送ってくださったボランティアの方が、毎日毎日繁殖屋の家に通い、ぐりたちのお世話をし続けてくださいました。

エサをやり、小屋をきれいにし、お散歩をして...
10月の初めからの事です。
20070115195739.jpg

ボランティアさんが訪れた当時、この小屋の中には、ゴミの山と山積みのケージ、そして蓄積した糞の山があったそう。
↑の状態でも、かなり清掃された後だと思います。





それからウチに来るまでの3ヶ月の間、ぐりが出会った人たちはみんないい人ばかりでした。
汚れたぐりたちを一生懸命お世話をしてくれた愛知のボランティアさん、助け出してくれたワンライフのスタッフの方々、そして最初の里親さん。

みんな優しくて、みんな惜しみない愛情でぐりを包んでくれました。



20070115195840.jpg




暖かいふれあいのおかげで、こんなにも表情豊かな笑顔を見せてくれるようになりました。
こんなに短期間でも、これだけ変われるんです。



20070116001841.jpg




これから失ってしまった時間をたくさん取り戻してもらいたいと思います。

ぐりが本当の幸せにめぐり合えますように...

ぐりちゃん、里親募集中。詳しくは→wanlifeまで。



p.s.
当日現場に残っていた子はパグ2頭、シュナウザー1頭、ゴールデン1頭、MIX1頭でした。
シュナウザーにもゴールデンにも素敵な里親さんが見つかりました。
sirochan.jpg

でもこのMIXの子(シロちゃん 17才)には、当日一時預かりさえ見つからなかったのです。
17年もこのブリーダと暮らしたにも関わらず「この子には愛情がないから、早く連れて行ってくれ」と言われたシロちゃん。
純血種でさえあの扱いですから、ブリーダーにとってはお金にならないこのシロちゃんはどんな扱いをされてきたのでしょうか。
今までの17年間に楽しいことあったの?

残りの短い犬生をたくさんの愛情で包んであげてください。
シロちゃんも里親募集中です。詳しくは→こちら

お帰りの際は、ココをぽちっとしてプリ~ズ!
↓  ↓
banner_02.gif

動くぐりちゃん「突進して甘えるのだ~」をまた載せたいと思います。
激しい愛の表現が笑えますよ。


人気blogランキングへ



【大阪の繁殖場の件】
osaka4.jpg


osaka1.jpg


osaka2.jpg


osaka3.jpg

先日、現地にボランティアに行かれたピポキチベエさんから現場の画像をお借りしました。

ぐりと一緒にブリーダーの所に居たゴールデンの里親さんもボランティアに行かれたそうです。

チェリオの里親さんのお友達のニキティさんも行かれたそうです。(ブログには、現場の動画も載っています。)



wanlifeでは現場のボランティアを募集されていますが、今はまだ検査の結果が出ていません。
大阪府愛護畜産課の見解としては、現場に立ち入っても消毒などをすれば安全という事だそうです。
でも、なにぶん、まだまだ知られていないブルセラ病。色々な見解があるかもしれません。

検査を行っている大阪府庁にある愛護畜産課に直接問い合わせて確認すると一番確かかと思います。
wanlifeでも、連絡網に登録してくださった方や問い合わせられた方には直接説明させていただいているようです。

そして、ご自身が「大丈夫だ」と納得できたらお手伝いに行ってあげてください。
犬にも人にも感染すると言われているだけに、「愛犬に病気を持ち帰ってしまうのでは?」「糞尿の処理は安全?」などなど心配だと思います。
しっかりと確認して納得した上でご協力お願いします。

現場には、消毒液など色々用意されているようです。
服は100円ショップなどのレインコートを利用して、使い捨てにされても良いかと思います。
検査の方が使われていたような、シャワーキャップの様なモノで髪の毛をカバーするのも一つの手です。
靴もかなり汚れます。捨ててもいいような靴で行きましょう。
スポンサーサイト

なちゅまるさん、こんにちは。風邪は良くなりましたか?私も大風邪をひき鼻水を流しながら仕事頑張ってきました。(夜勤だったので今帰りました。)帰って休もうにも2ワンが遊び回っているので横にもなれませんよ。トホホ、、、でもやっぱり可愛いのでその姿に癒されてます。
ブリーダーという名の繁殖屋、許せません。このような事が起きない様にしっかり法律を作ってほしいものです。しかし、飼う人1人1人の意識付けも必要なんでしょうね。私もワン達が我が家に来て初めて色々な世界を知りました。もしいなければ知らなかった事かもしれません。そしてまだまだ勉強の途中です。自分に出来る事から始めて行きたいと思ってます。我が家のワンが可愛いと同時に他のワン達だって可愛いし幸せであって欲しいと思います。日本は動物愛護に遅れている国と言われていますがこんな事を目の当たりにすると「やっぱりそうなんだな。」と思ってしまいます。

2007.01.16 10:40 URL | くりん #- [ 編集 ]

お体の具合はいかがですか?

wanlifeさんやニキティさんのブログで
状況を拝見しました。
文章力がないので上手く想いを言うことが出来ません・・・。
でも、誰がなんと言おうと
情けないけど遠くからですが物資などでお手伝いします!!

アタイもかあちゃんと同じで凸凹道が好きですから~♪

2007.01.16 12:54 URL | まめケロ #- [ 編集 ]

なちゅまるさん、風邪のほうは大丈夫ですか?
いつも更新、ありがとうございます。
ぐりちゃん、シロちゃん、みんな身勝手な人間の犠牲者ですよね。
人間が不幸にしてしまった犬を幸せにできるのもまた人間です。
何としてもこの子たち、あの現場の子たちを人間の愛情で包み込んで
幸せな暮らしをさせてあげなければ・・・強くそう思います。

なかなか現場にお手伝いには行けませんが、その分働いて、
せめてフードや義援金を送りたいと思います。
いつも現場の詳しい報告、ありがとうございます。
・・ぐりちゃんの笑顔、とても心が和みます♪

2007.01.16 16:48 URL | プチ #- [ 編集 ]

物言えぬ小さな命になんて酷い仕打ちをするんでしょうね。
いつも犠牲になるのは弱い命です。
今膝の上で寝息を立てている二頭も何処かで間違った選択があったかも知れないと思うと、ぞっとします。
光介やクララと出会っていなければ、他人事のように聞き流していたかも知れない事実!
今や他人事ではありません。
出来る範囲で長く続けられる事をさせていただきます。

ぐりちゃん優しい人に巡り会えて良かったね!!
誰よりも幸せになっていいんだからね。

2007.01.16 20:02 URL | 光介&クララの母ちゃん #- [ 編集 ]

こんばんは、お久しぶりです♪
かあちゃん、風邪は良くなったのでしょうか?
ムリはしないで下さいね。

ドリーも劣悪な環境で8年間(推定)を過ごし、
何度も繁殖させられていた子なので、
ぐりちゃん達や繁殖場のワンコ達のことは、とても他人事とは思えません。
全てのワンコ達が、
自由に、暖かく、愛情いっぱいの幸せな生活を送れるようにしてあげたいです。

私も、なかなか現場へお手伝いには行けないけど、
少しでもお役に立てたらと思い、フードを送りましたが、
まだ沢山いるワンコ達の為に、
これからも物資など送りたいと思います^^

2007.01.16 20:20 URL | RIE #- [ 編集 ]

どうして こんなことばかりおこるんでしょうか?
その考え方?気持ち?が 理解できません。
こういうことが たくさんあるんだってこと 
たくさんの人に 知ってもらえるといいですね。

大阪の件も 頭数も多いし 病気もあるということで
心配しています。
早く暖かい家庭に迎えてもらって 幸せになってほしいです。

2007.01.16 23:04 URL | 小梅&すみれママ #- [ 編集 ]

風邪の具合はいかがですか?
風邪で寝ている時もカメラを離さない、ブロガー根性に敬服です!
それにしても、犬、猫を金の道具にしか思っていない人間が後を絶たないですね。
今日の新聞には、動物病院から里子に貰ってきた猫を虐待していた男が愛護法違反で逮捕された記事が載っていました。
チェリオちゃん、チョロ松じいさん、そしてぐりちゃんたちの様に、皆、幸せな顔になって欲しいと思います。
今の私にはブログでの紹介や寄付でしか、お手伝いできないのですが・・・出来る事を考えていきたいと思っています。

2007.01.16 23:32 URL | fuku #- [ 編集 ]

コメントありがとうございます!
毎日楽しく読ませて頂いてる「なちゅまるの父」です。

くりんさん>
確かに!もっと厳しい法律や刑罰が必要ですよね。繁殖場が崩壊しても告発しない限りはブリーダーは何のおとがめもなし、ってのもやっぱ問題ですよねぇ。。。

まめケロさん>
自分の出来る範囲で協力して頂ければと思います。とうちゃんもちょっとは凸凹道に挑戦してみるかな!

プチさん>
金儲けの道具としか思っていない繁殖屋。。。許せないっすよね!その人の今まで育ってきた環境も悪かったんでしょうね~。

光介&クララの母ちゃんさん>
この繁殖屋も普通の神経の持ち主じゃないんでしょうね~。こういう人には何言っても無駄だから、またタチが悪いっすよね!

RIEさん>
どうもご協力ありがとうございます!無理せず出来る範囲で協力して頂ければと思います。ぐりにも早く里親さんが見つかるといいですよね!

小梅&すみれママさん>
ホント理解できませんね。とうちゃんが閻魔大王ならその繁殖屋、確実に「地獄」行きですよ!

fukuさん>
「動物病院から里子に貰ってきた猫を虐待していた男」って。。。ホント性格が歪んでますね。これって幼い頃から育ってきた環境が悪かったのでしょうか?そう考えると自分達の子供にはちゃんと愛情を注いで、良い心の持ち主に育てていく必要がありますね!親や大人の責任も重大っすよねぇ。。。


とうちゃん、改めて今回の記事を読み、繁殖屋に憤りを覚え、怒りのコメントになった所もあります。。。ご了承ください。

2007.01.19 00:10 URL | なちゅまるの父 #L6pwYLgY [ 編集 ]

頭に針!? 見たことありませんがクリック!くりっく! なちゅまる家のみなさんはもちろん、そのセレブ~なおばさまにも一度会ってみたいです。次回の登場、心よりお待ちしております。

2007.01.19 12:23 URL | れなママ #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://naruoreo.blog48.fc2.com/tb.php/137-6a758a50

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。