ナルトとオレオのしあわせ探し

時に行き場のないワンちゃんの一時預かりボランティアをしながら、ナルトとオレオが小さなしあわせ探し。キャバリアとチワワが「あなたの心の隙間お埋めします。」

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
下の記事「お知らせ」の追記です。

九州での日本犬種繁殖場の崩壊現場。





今、ニュースなどで、某ドッグパークのレスキューについて、色々と取り上げられています。

多くの方から集まった、支援物資や支援金の使われ方やボランティアさんたちとの対立についてです。





このニュースを見て、動物愛護団体から気持ちが離れたり、不信感を抱いたりされている方が多くいることかと思います。
そして多くの愛護団体さんも、支援が集まりにくい状況になってしまっているのではないでしょうか。





私も、以前そうでした。
初めて関わったのが、疑問を感じる団体さんだったため、「愛護団体さんってこんなんなんだ...。もう協力するのはやめておこう」と思い、愛護団体さんから遠ざかってしまいました。
某ドッグパークの件より、もっと前の事です。

そして、そんな疑問を持った自分の体験について記事にしたことがありました。
9月16日の記事です。





これは、ボランティアをしたいと思っている方にぜひ知っておいていただきたいと思って書いた記事だったのですが、
思いがけずというか、当然のように賛否両論の議論を巻き起こしてしまい、今まで封印してきた記事です。





でも、今あえて、もう一度この記事を公開します。
また、議論を巻き起こしてしまうかもしれません。





でも、みなさんの大切なお金です。大切な善意です。
「自分が信頼できると思い、活動や方針に共感できると思った団体さんに協力する」ということが後で後悔しないためには一番大切なのかな...と私は思います。

そして、そんな団体さんはたくさんある事、みなさんの善意の手が差し伸べられるのを待っている犬たちもたくさんいる事を忘れないでくださいね。

banner_02.gif



人気blogランキングへ
スポンサーサイト

ボランティアにもいろんな形があっていいと思うし、できることをできる人がやればいいと思うんです。今、某団体がマスコミに叩かれてますけど、彼らが動いたからたくさんのわんこ達が助かったのも事実ですよね。わんこを助けるって言う目的は果たしてるし、最初はマスコミも煽ってたやんか…って思うんです。いろんな団体があるし、いろんな考え方の人がいるから、自分のお金や労力を出す以上はちゃんと自分で調べて選ばないとダメなんでしょうね。

2006.12.18 12:11 URL | ぐちを #- [ 編集 ]

マスコミは勝手です。
視聴率が取れそうな方向からしかモノを観ないから。
ホリエモンの件だってあれだけもてはやしたくせに、あの事件以来社会を扇動し悪影響を及ぼした、って・・・。どっちやねん。

前回も言いましたが、要は自分の信念に基づいて自分で決めることです。
他人がそういうからダメなんだとか良いんだとか、他人に流されるぐらいの信念しかないのなら、文句言わずに黙ってれば良いんです。

今回私も大阪の某団体の件では、ちょっとびっくりしましたが、それが事実かどうかわからないことですし、ぐちをさんがおっしゃるように、それで助かったたくさんの命があります。
世間に1石を投じた功労も捨て切れません。
善意の中で「お金」というものも動くので、いろいろ詮索されがちですが、
保護団体の第一の使命は動物を助けること、ですよね。

みんな一生懸命だと思います。
心無い冷やかしの中傷だけはやめて欲しいと思います。

凛が家に来てくれてどんなに嬉しかったか。私が凛の名前を呼ぶと嬉しそうに歩いてきてくれることにどんなに感動したか。
元気に生きてくれることそれがとっても嬉しい。
そういう気持ちでみんな動いていると思いたいし、そうだと私は信じています。

いろんな考えがあって当たり前。
自分の意見と違うからと中傷するのは悲しいこと。
相手を受け入れて自分の意見を解ってもらおうという真摯な姿勢が
他人の心を動かすと思う・・・。

2006.12.18 13:27 URL | はとぽ #I/FCzvc. [ 編集 ]

なちゅまるさん、私も救ってあげたい!!ただただそれだけなんです。




2006.12.18 14:14 URL | あーちゃん #- [ 編集 ]

いつも楽しく拝見させてもらってます♪
ワンライフさんを知ってはじめて
ボランティア活動をしたい!と思い、
寄付や物資のお手伝いをしたことから
このなちゅまるさんブログへたどり着きました♪
私も、寄付やボランティア活動をするからには
その団体を知った上で
自分に後悔の無いよぅお手伝いするべきだと思います(^^*
どんな団体さんでも、そこに賛同する気持ちがあるなら
たとえ非難を受けている団体さんでも協力してあげてイィと思ってます。
ただ、
何も知らずに協力して自分の考えと違う団体さんだったりすると
せっかくの気持ちや行為が台無しにになっているよぅで
悲しい気持ちになりますよね・・・。

2006.12.18 15:48 URL | maki #BziIj0Vs [ 編集 ]

私も、ボランティアって人によってできることが違うから、その人のできる事をできる範囲でするものだと思います。自分の生活を犠牲にしてまですることではないと。

今、私が言えることは、ワンライフさんは人にも動物にも優しい団体さんだということです。動物を優先する余り、人に対して厳しくなりがちな中で、ちゃんとこちらの意見や状況を聞いて下さいます。いつでも丁寧な対応をして下さいます。人にも優しくなければ、結局は長くは続かないんじゃないかな・・・と実感しました。
それにたずさわるのは人間で、関わるのも人間同士なんですから。

私もチビ太が来てくれて幸せです。それはうちの条件に合った子をワンライフさんが譲って下さったからだと思います。無理して自分の条件に合わない子を引き受けても、お互いに不幸になるだけです。里親にしても一時預かりにしても。

少しでもボランティアを募る窓口が広がり、少しでも多くの子が幸せをつかめることを願っています。

2006.12.18 17:50 URL | プチ #- [ 編集 ]

私も以前書かれた記事以来、自分の周りの愛護団体をイロイロ探してみたり、HPなどもイロイロと拝見してきました。

私なりに出した結論は
<この人達にならどのように寄付した物・お金を使ってもらっても良い>
と思える団体に協力をしたい!とおもってます。
もうね、それでダマサレタ~と感じるようなら、それは自分に見る目がないのかな?と・・・
それこそ、ミーティングのお茶代になろうが、ワンコのリードになろうが何でもイイ!ぐらいの人でなければ・・・
貧乏家の財布はガチガチに固いんですよ^^

そんなこんなも、なちゅまるさんがきっかけを作ってくれたんですよ^^
ありがとう!




2006.12.18 19:04 URL | amoka #- [ 編集 ]

ワンコブログを見て回ってるとき ワンライフさんの
繁殖場レスキューを知りました。
あんまりにも酷くて 衝撃を受けました。
それから 保護活動をされてる方のブログを
たくさん読みました。
皆さん真剣に 取り組んでいらっしゃって
なーんにも考えてなかった(知らなかった)自分が はずかしいなって思いました。

自分で信じられる団体さんに 出来る範囲で応援していきたいと
思ってます。

2006.12.18 21:41 URL | 小梅&すみれママ #- [ 編集 ]

価値観の違いは大なり小なりあると思いますが、ワンコを助けたいという願いは、皆同じだと信じたいです。
今後も、私なりに考えてゆこうと思います。

2006.12.18 23:43 URL | うりりん #- [ 編集 ]

わたしも価値観も出来ることも人それぞれなのだから
出来る範囲で行っていくことが救助活動を長続きさせ
一匹でも多くの命を救う事に繋がるのではないかな、と思います。

ワンライフさんや他の愛護団体さんの助けを必要とする動物がいない
世界が来ることが理想なのだと思いますが、人間同士の争いも絶えず
起こっている世界では難しいことなのでしょうね…。

世界を変える事は難しいでしょうが、
一人でも多くの人が優しい気持ちを持って生きて欲しいと願います。
そして、わたしも何かの力になれるよう日々を過ごして生きたいと思っております。

2006.12.19 00:05 URL | うり #- [ 編集 ]

はじめまして私は人間の方のボランティアに携わって20ほど経つ者です。子供も巣立ち今は妻と妻が保健所から引き取った犬と暮らしています。その犬は3代目でいずれも保健所からやって来ました。余計なことかもしれませんが書かせてください。今考えると保健所からやって来た我が家の犬達を引き取る時どんな犬かなんて考える余裕はなかったです。文章に書いていたようにどんな犬か、経済的な負担はないか、子供を噛まないか、その確認をできるのはいいのかもしれませんね。言いたいことはわかります、でもボランティアとは団体の姿勢で決めるものではないと思います。日本はボランティアの考え方が統一していないため意見が食い違い争いが起こります。そもそもボランティアは義務ではありません。自分のできる範囲でとみなさんおっしゃいますが生き物ですから想定外のことがたくさん起こります。噛まない犬はいない、吠えない犬はいない。ボランティア団体、保健所の職員、行政がいかなる時も正しくないことは重々わかった上でやるべきで、自分が納得いく団体から引き取ることは重要ではありません。道で横たわっている犬もどこかで保護された犬も条件は同じです。私も正直心の片隅のボランティアをしているという気持ちがなくなったのはつい最近のことです。私自身が体を壊しボランティアをされた時です。少しだけ人生を長く生きたものとして生意気言わせて下さい。どうか偏った考えを取っ払ってみて下さい。きっともっと自分自身の財産が増えるはずですよ。

2006.12.19 00:49 URL | 老婆心 #YhxRTNrk [ 編集 ]

申し訳ないけど、なんだかなー?という気がしました
ドッグパークに遠くから自費で通ってるのもボランティア

保護犬の運搬費もペットシーツも餌代も出したくない
おとなしいいい子だけ預かってあげる。それで声を大にして
「私はずっと動物愛護のボランティアに携わっています」
て感じで・・・

本当に申し訳ないけど「こんなに了見の狭い人が
臆面もなくボランティアしてますなんてなんだかなー!」
またそれにのっかて「ありがとう おかげで愛護に目覚めました
」という仲良しごっこのようなコメントもしかり

もう少しバランスの取れた考え方をされたらどうですか?
ご自分が気に入らなかったから、その団体をけなしている様にしか
見えないのですが・・・

2006.12.19 10:36 URL | ただの犬好き #- [ 編集 ]

ボランティアは自分の生活を犠牲にしてまでするものではないと私も思います。
ただ、自分の生活を犠牲にしてまで動物を助ける人たちがいなければここまでこの動物愛護団体が注目されることはなかったのではないかと思います。

沢山の団体がある中、それぞれの団体の考えが自分の考えるものと違っていても、その団体がいたからこそ助かった犬がいる。それだけで十分です。

自分の考えに合う団体を見つけられボランティアに参加なさっているなちゅまるさんは素晴らしいと思います。ただ、自分の考えに合わない団体に対し中傷を含むような発言をするのはどうなんでしょう?

動物を助けたい人が同じ考えを持った人を否定するのって矛盾してる気がします。
こういう時って逆にフォローするのが本当ではないのでしょうか。

2006.12.19 12:10 URL | kaikai9 #Ik5Md4NM [ 編集 ]

こんにちは、お久しぶりです。
先週はブッ倒れていて、復活したら仕事も山積みだったので、
やっと今日読むことが出来ました。

ワンライフさんの日誌で九州の現場の事を見ましたが、
何も言葉が出ない状態で、ただただ呆然としました・・・
以前、ある方のプログで三重の繁殖場崩壊を知り、
1ワンでも幸せにしてあげたいと思って、
譲渡会に行きドリーちゃんを家族に迎えました。
私はワンライフさんの意思や優しさに賛同したので、
正式に里親の希望を連絡した時に、
今後私でお手伝い出来ることがあれば、いつでも連絡下さいと言いました。
他の団体さんは分からないけど、ワンライフさんを信用しているので、
協力したいと思いました。

ボランティアはどんな形でも、協力できる範囲ですることはいいと思います。
たとえ行為が無駄になっても、救ってあげれる事に変わりないですから。
他にも悲惨な繁殖場がまだ沢山あると思うし、
1匹でも救ってあげれるように、救助活動されている愛護団体さんを
中傷したり、否定する事はやめて欲しいです。
支援しないとか協力しないとか言ってる間に、
幸せを知らないまま、わんこが死んでいってしまいます。

某ドックパークのレスキューした団体には不信感を持っているけど、
たくさんのわんこ達が幸せになったのは確かな事実ですし。

2006.12.19 12:45 URL | RIE #- [ 編集 ]

この記事を書くにあたって、かなり勇気が必要だったかと思いますが
このブログは多くの方が見ておられます。

貴方にもお考えがあるのでしょうが愛護団体さんの方にもいろいろな事情があるのだと思います。ボランティアをするということは犬を助けたい気持ちがそうさせるのであり、条件うんぬんではないと考えます。
関西で大地震が起きた時に何も持たないボランティアが大勢押し寄せたり、使えそうもない物を送ってかえって迷惑になったという話も聞きます。
自分の考えだけでなく相手の事も考慮しなければいけないのではないでしょうか。
多くの方が読んでいるブログで影響は少なくないと思われますのでもう少し御自分の発言に注意したほうがよいと思います。

2006.12.19 12:45 URL | yukari #W6AMzZ0. [ 編集 ]

うしゃしゃ・・・
またまたアラシを巻き起こしましたね!なちゅまるさん!!

私もこうなるんじゃないかと思っとりましたよ。ね?なちゅまる父。
日本人のボランティアに対する考え方ってまだまだ「してやってる」的な要素が多くて、その精神自体馴染みにくいものなのかな?なんて考えたりしてます。
だって下手くそでしょ?日本人、そういうこと。(あ、語弊があるかしら?)

私は自分に多少の余裕があるからできます(←これ自体おかしいのかも)
でもアンディと凛をしあわせにすることが今の私には精一杯なの、ごめんなさい。

あまり肩肘張って、ボランティアボランティアって頑張らなくても良いんじゃないかな。
私正直、胸張って「ボランティア!」なんてできませんもの。
みんなしてるのかなぁ?えらいなぁ・・・・。

2006.12.19 14:19 URL | はとぽ #I/FCzvc. [ 編集 ]

いつも楽しく拝見させてもらっています。

色々な考え、賛否両論があると思います。
ボランティアのスタンスも人それぞれ。


なちゅまるさん、これからもボランティア活動がんばって下さい!
かげながら応援してます!!

2006.12.19 15:43 URL | ライダー #- [ 編集 ]

コメントありがとうございます!!
毎回、楽しく読ませていただいている「なちゅまるの父」です。

とうとう魔の領域に突入です。
かあちゃんの記事のおかげでコメント欄に「地雷」がパラパラと。。。
またもや、とうちゃんに試練です。。。「地雷」かぁ。。。

どうする、俺??? どうすんの、俺???

①踏む(反論する)
②処置する(話合う)
③避けて通る(無視)

う~ん、③ですかね~。

てなワケで、励まし、応援してくれた皆さん、賛同してくださった皆さんには、ホント、ホントに申し訳ありませんが、一括してコメントを返させて頂きます。

皆さんの温かいお言葉、ホントに励みになりました。
かあちゃんが言いたかったことはこの記事の通りで、これ以上でも、これ以下でもありません。それが上手く伝わったのかなーとも思い、嬉しく思っています。
そして私たちも、このままのスタンスで一時預かりを続けていきます。

本当にありがとうございました!!
これからも「燃える女、かあちゃん」の応援よろしくお願いします!!

2006.12.21 23:26 URL | なちゅまるの父 #L6pwYLgY [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://naruoreo.blog48.fc2.com/tb.php/107-b2c4e762

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。